2011.11.08

Kan10

Kan5

Kan7

Kan11

Kan6

Kan8

| | コメント (1)

2011.11.06

韓国の秋

Kan1

Kan3

Kan2

Kan4

Kan9

Kan14_2

Kan13

| | コメント (1)

2010.11.19

ウィーン

Win1

Win2

正直、プラハで燃焼し尽くしてしまって、
ウィーンではあんまり写真撮っていません。

T.Y君のリクエストでオーストリア応用美術館に。
このあたりは、橋も銅像も落書きも川底も、みんなヘン・・・

Win3

Win5

Win6

Win7
(川底に自動車???)

Win8
(市立公園の池にススキが群生)

Win9
(市立公園で一番人気のヨハン・シュトラウス像)

| | コメント (2)

2010.11.18

ウィトゲンシュタインの家

Wit1

旅行の最終日、ウィーン2日目は、終日自由行動だ。
前日の夜、同室のT.Y君と「さて、どこへ行こう?」。

私は「とにかく地下鉄に乗る」とガイドブックを開く。
市街地のはずれに「ウィトゲンシュタインの家」を発見。

実はウィトゲンシュタインは学生時代ゼミで習った、
『論理哲学論考』を書いたウィーン出身の哲学者だ。

「ここにしよう」と私。「いいですね」とT.Y君。
その夜は、この話題で大いに盛り上がった。

翌朝、ツアー仲間が美術館だ、博物館だと散っていく中、
私たちは意気揚々と「ウィトゲンシュタインの家」へ・・・

地下鉄のU2線で2駅、U3線に乗り換えて
5駅目のRochusgasseが目指す駅だ。

Wit5

Wit2

ありました、ありました。Parkgasse通り沿いに
目指す「ウィトゲンシュタインの家」が・・・

正確には「ストーンボロー邸」と呼ばれ、
ウィトゲンシュタインが姉のために設計した家だ。

こんなところに観光客はいまいとたかをくくっていたら、
女子学生風の外国人の女の子が地図を持ってウロウロ。

最後は「ウィトゲンシュタインの家」をパチリ。
なんだか同志に出会ったような気がしてうれしくなった。

Wit3

塀には風変わりな落書きがあり、T.Y君は
有名な落書きアーティストの作品ではと大はしゃぎ。

帰国してから調べてみたが、どうも
バンクシー(Banksy)とはテーストが違うようだ・・・

Wit4

| | コメント (1)

2010.11.16

ザルツブルク

Sal1

Sal2

Sal3

Sal4

Sal5

Sal6
(路上ミュージシャン)

Sal7
(観光用の馬車)

Sal8
(ザルツブルク中央駅)

Sal9
(市内を走るトロリーバス)

| | コメント (1)

2010.11.14

続・チェスキー・クルムロフ

Ce1
(左手前が宿泊したドヴォルジャークホテル)

Ce2

Ce3

Ce4

Ce5_2

Ce6

Ce7

Ce8

Ce9

| | コメント (2)

2010.11.13

チェスキー・クルムロフ

Cesky1
(チェスキー・クルムロフの全体像)

Cesky7

Cesky4

Cesky6

Cesky3

Cesky9

Cesky2

Cesky5

Cesky8


| | コメント (1)

2010.11.11

東欧マンホール事情

Hole1_3
(プラハのマンホール)

マンホールというのはひとつのジャンルになっていて、
ネット上に「世界のマンホール」なんてサイトが結構ある。

ザルツブルクでマンホールを撮影していたら、
ツアー長老のMさんが怪訝な顔をしていた。

最終日、ウィーンで撮影していたら、
Mさんもつられて思わずパチリ・・・

Hole2
(チェスキー・クルムロフのマンホール)

Hole3
(ザルツブルクのマンホール)

Hole4
(ウィーンのマンホール)

| | コメント (1)

2010.10.28

続・プラハの街歩き

Z5

プラハの街を歩いていると犬を散歩させている人々と出会う。
同時に、上記写真のような設備にも・・・

よくよく見ると犬のフンを始末するための袋だ。
見た限り有料のようには見えない。お国柄だ。

犬はよく見かけるのだが、ネコは全く見かけない。
ネコは外に出さにようにしているのか?(分からん)

Z4
(ペプシコーラの壁面広告)

プラハの広告は文字や絵など地味なものがほとんどだ。
写真、特に人物写真などは見かけない。

旧市街地の景観保存のために規制しているのか、
商業主義が未熟なのかは分からない。

Z2
(かといってこんな宣伝車も)

Z1_2
(マリオネット シアター入り口の屋根飾り)

Z3
(街をパトロールする警官)

| | コメント (1)

2010.10.27

プラハの街歩き

Mati1

目的もなく街を歩いたり、地元のスーパーをのぞいたり、
乗り物に乗ったりするのはなかなか楽しいものです。

今回のツアーは雑学倶楽部自前の企画なので、
ツアーにありがちな免税店巡りは排除されています。

その分、自由時間が確保されていて嬉しい限りです。
プラハでは午前中プラハ城などを見て、午後は自由行動。

さっそく街中を歩きまわってみました。

Mati4

Mati2

Mati3

プラハは鉄道だけでなく、地下鉄や路面電車、
バスなど交通網が充実しています。

中でも路面電車は、さまざまな電車が
街中を走り回っていて圧巻です。

Tetu1

Tetu2

プラハには26チェココルナ(約130円)で地下鉄、路面電車、
バスの3種類が75分間乗り放題というチケットがある。

初乗りの時、チケットに時刻を打刻すれば、
あとは改札もなく自由に乗り降りできる。

Tetu3
(プラハ駅の外観)

Tetu5
(プラハ駅の構内)

Tetu4
(様々な列車がスタンバイ)

| | コメント (4)

より以前の記事一覧