« 続・野中広務 差別と権力 | トップページ | 聖徳太子はいなかった »

2004.07.28

アジアカップ中国2004

サッカーのアジアカップとは直接関係のない話の中で、ロサンジェルスに住む友人のブログに、こんな中国人の友人の言葉が紹介されていた。

「日本人は、ぼくは、わからないよ。
なぜ、原爆を忘れられるのか。わからないよ。
貿易? 防衛? そのほうが儲かるからか? 都合がいいからか? わからない。
ユダヤ人だって、中国人だって、ほら、韓国人も、昔のことを忘れたりしないよ」

そうか、これで最近のアジアカップについての一連の動きがつながった。

・ アジアカップの日本戦は中国・重慶で開催されている
・ 北京開催の中国戦でさえ空席が目立つのに、重慶での日本戦はなぜか満杯(動員か?)
・ オマーン戦、タイ戦での日本に対するブーイングがすごい
・ 日本サッカー協会は中国側に警備体制の強化を申し入れた
・ 重慶市は「会場で日本のファンが殴られたり、(反日の)横断幕がテレビ画面で流れたりして、中国の国際的イメージが悪くなる」ことを気に掛けて、日本戦に限りテレビでの生中継を中止した(つまり録画)
・ 重慶は大戦中、「重慶大爆撃」といわれる旧日本軍の度重なる空襲により多数の犠牲者を出した

つまり、「中国人は、昔のことを忘れたりしない」のである。
タイ戦の中継で、アナウンサーが「日本に対するブーイングがすごいですね」と水を向けると、お気楽な解説者は「それだけ日本が強くなったってことでしょう」と答えていた。違うって!!

政治とスポーツは別、という考え方もあるのかもしれないが、そんなきれいごとを信じているのは、もしかしたら日本人だけなのかもしれない。たしかに、原爆を落とされたのにアメリカに尻尾を振っている小泉首相の政治姿勢は、世界には理解されないだろうな〜。(健)

|

« 続・野中広務 差別と権力 | トップページ | 聖徳太子はいなかった »

コメント

おお。ありがとう。

投稿: YR | 2004.07.28 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1070437

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ中国2004:

« 続・野中広務 差別と権力 | トップページ | 聖徳太子はいなかった »