« 創価学会 | トップページ | アジアカップ中国2004 »

2004.07.27

続・野中広務 差別と権力

日曜日の朝日新聞を開いて、ちょっとびっくりした。読書欄に、23日に当欄で紹介した「野中広務 差別と権力」の書評が載っていたからだ。しかも、評者は「コリアン世界の旅」の野村進である。

多少は期待して読んだのだが、正直がっかりした。当欄は「書評」ではなく「本の紹介」を旨としているので、斜め読みで書いてしまうことの方が多い。野村の書評は、その斜め読みの域を超えていないように思った。プロなんだから、もう少し真面目に仕事をして欲しい。だけど、「コリアン世界の旅」(講談社)は、それなりに面白いとだけは言っておこう。(健)

|

« 創価学会 | トップページ | アジアカップ中国2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1059444

この記事へのトラックバック一覧です: 続・野中広務 差別と権力:

« 創価学会 | トップページ | アジアカップ中国2004 »