« 読売不買運動のすすめ | トップページ | 「曽我さん一家の帰国」報道に思う »

2004.07.16

人生いろいろ

参院選挙で自民党が負けた。おおかたのマスコミは「敗因は、年金問題やイラク多国籍軍参加問題」などと分析しているが、果たしてそうだろうか? 日本の選挙では、政策で風向きが大きく変わることはあんまりないんだよね。

敗因はただひとつ、小泉首相の「人生いろいろ」発言に尽きると思う。あ、こいつは物事を(年金だけでなく)真面目に考えていないな、ということを世間に一瞬のうちに知らしめてしまった。だから、従来ならプラスに働くはずだった「曽我さんの家族再会」の前倒しも、あざとさが透けて見えて逆効果になってしまった。

小泉首相の「人生いろいろ」発言は、将来、政権交代の遠因になった言葉として、吉田茂の「バカヤロー解散」などとともに、長く歴史に残るのではないか。本家の島倉千代子もいい迷惑だろう。

人間は長く権力の座にいると、おごりからつい失言をしがちだ。巨人・渡邊オーナーの「無礼な。たかが選手が・・・」発言なども同類。おいおい、「たかが選手が」って、選手がいなけりゃプロ野球は成り立たないじゃん。「たかが」という言葉は「たかが一球団のオーナーごときが・・・」のように使うのが正解。渡邊クン、新聞社のトップでもあるんだから、言葉遣いは正確に!(健)

|

« 読売不買運動のすすめ | トップページ | 「曽我さん一家の帰国」報道に思う »

コメント

わははは!まったく同感。おなじこと考えていたけど、書く場所がなかった。じゃ、またな。

投稿: MT | 2004.07.21 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/976337

この記事へのトラックバック一覧です: 人生いろいろ:

« 読売不買運動のすすめ | トップページ | 「曽我さん一家の帰国」報道に思う »