« 中国人サポーターの誤算 | トップページ | Re:ブログの可能性 »

2004.08.07

巨人分割論

スーパースター・長嶋茂雄がいなければ、プロ野球はここまで落ちぶれることはなかっただろう、と僕は思う(ちなみに、僕は、彼の大ファンだ。超!超!)。彼の存在が、プロ野球のすべてのマイナス要因を覆い隠してしまったように思う(同じように、若貴兄弟がいなければ、大相撲はここまで落ちぶれることはなかっただろう。ちなみに、僕は、彼らの大ファンではない)。

長嶋茂雄が脳梗塞で倒れてもなお、スポーツ界は彼に頼ろうとする。中畑ヘッドコーチ率いるチームを、あらゆるメディアが「長嶋ジャパン」と表現しているが、大いに違和感がある。他のスポーツなら、「星野ジャパン」とか「野村ジャパン」という選択肢もあったのかもしれないが、野球界ではそれは許されない。それが、一番の問題なのだ。そういう体質が、改革を遅らせているのだと思う。

朝日新聞は社説で巨人分割論を提案した(もちろんパロディだが)。「無理に1リーグにしなくても、巨人を二つに分けたら、1チーム減るパ・リーグの穴は埋められる。いっそ、そんなアイデアはどうだろう」。 賛成だ。もともと巨人には、清原、工藤、小久保、ローズなど、パリーグ系のスター選手も多い。巨人セ、巨人パに分ければ、セは収入が減らないし、パは収入が増える。いいじゃないか。テレビも、結構潤うだろう。

深く考えずに、そうしよう、そうしよう、とりあえず、来年はそうしよう(真面目な人には、怒られるかもしれないけれど・・・)(健)

|

« 中国人サポーターの誤算 | トップページ | Re:ブログの可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1139483

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人分割論:

« 中国人サポーターの誤算 | トップページ | Re:ブログの可能性 »