« 終戦記念日に寄せてーー(3) | トップページ | 私生活の「真実」 »

2004.08.15

終戦記念日に寄せてーー(完)

(前回よりつづく)
私たちがのったのは、荷物船の船底でした。中は暗く、中央に細い通路があり、両側は押し入れと同じ上・下段に分かれて長く続いている。この中で何日いるのか、やっと背中から下ろした子供は怯えて泣くこともないのです。

翌日、長男の様子がおかしいのです。すぐ薬を持って医務室にかけ込みました。2つあるベッドは空いていました。病人はいないのでしょうか。その後、コモに巻かれて水葬になった人達もいました。長男は肺炎でした。お願いして娘も医務室に入れていただき、肺炎のおかげ(?)で親子3人ベッドで寝られました。

何日かの後、舞鶴港外から私たち3人だけ先に小型船に乗せられて港に着いた時には、腰がぬけてしまい、立てませんでした。親子ともどもタンカで国立舞鶴病院へ。1ヶ月の入院となりました。腰ぬけは直ぐになおり、病院ではお手伝いを申し出て入院患者の食膳係りなどをやらせていただき、健康な皆さんと一緒に働けて久しぶりに明るい気分になったのです。

そのうち実家の父がお金を持って見舞いに来てくれ、なつかしく抱き合って泣きました。お金をいただき、うれしくて売店でいろいろ買ったのです。娘がミカンを皮ごとかぶりついたのは忘れません。

皆さんのお陰で無事退院となりましたが、それから汽車に乗れるか心配でした。汽車は乗車口はもちろん、窓も鈴なり、誰かが私たちを窓から押込んでくれたのです。前の座席の男性からは大切なおにぎりをいただき、ありがとうございました。親切な中国人や日本人の皆様のおかげで、なつかしい両親の待つ実家に帰れたのです。ありがとうございました。

「百聞一見にしかず」55年も前(注 現在からは59年前)の記憶の一部です。(貞)おわり

|

« 終戦記念日に寄せてーー(3) | トップページ | 私生活の「真実」 »

コメント

ロシア人のためについに帰国できなかった日本人も多かったと聞きます。ロシア人に親を殺された日本人の幼児の命を助け、育てた中国人が数多くいたことを機会あるごとに言い、おなじ日本人として彼らに感謝することにしてします。

投稿: YR | 2004.08.15 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1165341

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に寄せてーー(完):

« 終戦記念日に寄せてーー(3) | トップページ | 私生活の「真実」 »