« 続・QRコード | トップページ | 劇団「青い鳥」の想い出 »

2004.08.25

週刊誌の周辺

久しぶりに週刊誌というものを購入した。週刊現代の「ナベツネが泣いた夜」という見出しに惹かれたからだ。「噂の真相」休刊以来、ニュースの裏側がなかなか伝わってこない。既成のメディアは、発表記事だけで、調査報道が少ないからだ。プロ野球の今後はどうなる? ナベツネはなぜオーナーを辞任したのか? う~ん、わからん。これって、ちょっとやばいんじゃないか。ニュースの裏側を伝えるメディアがないと、情報操作(=大本営発表)が容易になるからだ。

ひところ、マンガ週刊誌も含めて週5,6冊の週刊誌を購入していた時期があったが、今はまったく買わない。周囲を見回しても、最近は電車の中で読んでいる人をほとんど見かけないから、きっと売れていないのだろう。

衣食の業界で価格破壊が起こってから、本の値段が相対的に高く感じる。今回にしても、特別価格かなにか知らんが一冊340円。高い! 松屋あたりで昼飯が食べられてしまう。これじゃ、売れないよなあ・・・。書籍にしても、自分では買わずに図書館に注文して、借りて読むという人が増えていると聞く。出版業界受難の時代は当分続きそうだ。

数日前の朝日の記事によると、総合週刊誌の部数に異変が起きているらしい。11年間、年間1位を維持してきた「週刊ポスト」の地位に黄信号がともっているというのだ。

今年1~6月の推定平均実売部数は、約58万7000部の「週刊文春」が首位。2位は「週刊ポスト」の約55万6000部。3位は約55万1000部の「週刊新潮」で、「週刊現代」は約53万1000部の4位。ヘアヌードが売りのポスト、現代がちょっと苦しい。「サラリーマンの平均小遣い3万8,300円」時代に(ホントかな?)、酒代を確保するためにヌードは切り捨てられたといったところか。(健)

|

« 続・QRコード | トップページ | 劇団「青い鳥」の想い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1275583

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊誌の周辺:

« 続・QRコード | トップページ | 劇団「青い鳥」の想い出 »