« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.27

「読売巨人軍」衰退の予感

巨人人気の下落がとまらない。
今年のテレビ視聴率は下降の一途だし、スタンドの空席も目立つ。
なぜか?

今年、大きく変わった点といえば、次の2点だ。
1.監督が原から堀内に変わった。
2.新たに小久保、ローズが加入した。

第一の監督交代についてみれば、原は全国区的な人気があったけれど、堀内は玄人受けするかもしれないが人気面ではどうか。さらに前年度の優勝監督を無理矢理引き摺り下ろした感があり、ファンの不興を買った。

第二の補強の点では、清原(前・西武)、江藤(同広島)、ペタジーニ(同ヤクルト)、小久保(同ダイエー)、ローズ(同近鉄)と、これだけ他チームの4番打者を揃えてしまっては、堀内も采配の振るいようがないだろうし、二軍選手の出る幕もない。ドラフト対象者も巨人には入りたがらないのは当然だ。入団しても一軍で活躍できないのでは意味がないからだ。また、ファンも生え抜きの新人が育つ楽しみを奪われてしまった。

しかし、一番大きいのは2年前の球団名の変更ではないか、と思う。2002年7月、球団名を「株式会社よみうり・東京読売巨人軍」から「株式会社読売巨人軍」に変更し、球団名から「東京」が消えたのを機に、ビジター用のユニホームの胸文字も「TOKYO」から「YOMIURI」に変えた。

これは昨今の「地域密着」と逆行するし、読売新聞の部数拡張の意図がミエミエではないか。要するに、ファンの気持ちなど斟酌せず、ただただ新聞の部数拡張しか頭にないことが、全国ファンに広く知れ渡ってしまった。ここからじわじわとファンの巨人離れが進んできたように思う。

当時、堀川社長は、「巨人は全国にファンがおり、東京にこだわる必要もない。全国の野球ファンのための巨人軍という意識でいく」と説明した。そうじゃないでしょ。Jリーグの浸透により、ファンの意識も大きく変わってきたことに気が付いていない。

ちなみに、堀川社長はJリーグ発足直後のヴェルディ川崎の会長であった。当時、Jリーグは地域性を重視するため、チーム名に企業名を出すことを禁じていたにもかかわず、読売新聞だけがごねて「ヴェルディ読売」の表記をしばらくの間押し通したという経緯がある。

また、今回の労使交渉でも、選手会がストをやれば世論の袋叩きに遭い、経営側が有利になると読んでいたフシがある。

みなさん、プロ野球やサッカーの代表とはいえ、新聞社からの出向だろうに、悲しいかな時代の空気を読めていない。空気が読めないというより、たとえ読めていても、ドン・ナベツネが怖くて進言できないというのが実情だろう。こういう組織は遠からず衰退する。

来季は、ライブドア、楽天のいずれが参入するにしろ、新しい血が入ったパ・リーグが面白い。仙台をフランチャイズにしたことでパイが大きくなった。その分、セ・リーグはパイが小さくなり、相も変わらぬ巨人頼みで人気は下降するだろう。もう来季オフは、パのオーナー連中も「1リーグ制」には固執しなくなっているのではないか。ま、ナベツネが最後の悪あがきをしなければの話だが・・・

「読売巨人軍」と「ヴェルディ読売」(現・東京ヴェルディ)の行く末が重なって見える。(健)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.22

読売新聞の実態

「パの経営者が、巨人と対戦して、少しでも赤字を減らしたいという気持ちは分からないでもないが、巨人が1リーグやパ移籍にこだわる理由が分からない」という人が少なからずいる。

答えは簡単。単に読売新聞の販売部数を伸ばしたいだけだ。全国紙といえども、地方では地方紙が圧倒的に強い。だから、なんとかしたい。

1リーグやパ移籍となれば、北海道を拠点とした日本ハムや、九州を拠点としたダイエーとのカードが組める。巨人―日本ハム、巨人―ダイエーのチケットを餌に、北海道や九州で読売の購読者を獲得しようというわけだ。セコイ!! もちろん、プロ野球の将来のことなど、これっぽっちも考えていない。

読売は、質=記事には自信がないので、ただただ量=部数で勝負してきた新聞社だ。巨人戦のチケットにつられて購読している人も少なくないので、購読層は必ずしも均一ではない。「書籍や不動産の広告を、読売に掲載しても反響が少ない」というのが広告業界の定説になっているほどだ。日本一の販売部数だとか言っても、所詮はその程度の新聞社なのだ。

21日の巨人―横浜戦(横浜スタジアム)は1万7000人と、今季首都圏では最低の入りとなった。もし、1リーグやパ移籍が実現したとしても、本当にパ・チームの思惑通り潤うかどうかは大いに疑問だ。特に、今回のストが経営側主導で収拾したら・・・(健)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.19

ロッテ製品不買宣言

ストライキという言葉を久しぶりに聞いた。20年ぶりぐらいか?

以前は、賃上げ時には日常茶飯事だったストも、今は賃上げどころか、どんなリストラ計画にも組合は唯々諾々と従っている。もうみんな組合費なんて払うのは止めてしまえ!と言いたい。今回、連合が「選手会支援」の談話を出したが、ちゃんちゃらおかしい。

今回、ストはないと思っていた。
さまざまなしがらみの中で、最後は日本的な玉虫色の決着・・・
その意味で、強烈なプレッシャーの中で苦渋の決断をした古田選手会長には拍手を送りたい。

ただ、経験的にいえば、ストは決行前までが勝負であって、譲歩を引き出せずに突入するのはなかなかしんどい。もうこうなったら、「新規参入」を勝ち取るまで、無期限ストしかないのではないか。

前にも書いたように、経営側は「まず1リーグありき」(=巨人と対戦したい)であって、2リーグを固定化してしまう「新規参入」など有り難迷惑なのである。

それにしても、瀬戸山隆三・選手関係委員長(ロッテ球団社長)の態度は何だ。絶対に許せん!! 本日より、ロッテ製品不買運動に突入する。もともと、ロッテ製品なんて買ってないだろうって? キシリトールガムとか結構買っていたんです!!(健)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.14

プロ野球に未来はあるか?

前・巨人オーナーのナベツネも含めて、プロ野球オーナーたちの中に、一人でも野球を愛している奴がいるのだろうか? 答えは「ノー」である。彼らは金のことしか考えていない銭ゲバ(ちょっと古いな)ばかりである。

彼らは、選手やファンのことなど全く考えていない。ただただ「巨人と対戦して、少しでも赤字を減らしたい」と思っているだけである。だから、「来季は1リーグで」とか、「巨人はパリーグに移ってもいい」などという、選手やファンの気持ちを完全に無視したナベツネの発言に一喜一憂しているのだ。

しかし、赤字減らしの前提になっている巨人戦は、本当に金の卵を生むニワトリなのか? 答えは「ノー」である。ナベツネは、商品価値が落ちた巨人を、なんとか復活させたくて、いろいろ画策しているだけで、プロ野球の将来のことなどこれっぽっちも考えていない。

今回の騒動に嫌気がさして、上原や高橋由など生え抜きの連中が大リーグを目指したら、巨人はローズ、小久保、清原、工藤など、一昔前のパのオールスターチームになってしまう。たしかにパリーグ向きかもしれないが、果たしてファンがついてくるだろうか? いや、ローズらだって大リーグを目指すかもしれないし、松坂も含めてパの人気選手だって、大リーグを目指すだろう。器だけ変えても、中身は空洞化してしまう。

たかが選手や、たかがファンの意向を無視したら、プロ野球人気(巨人人気?)など、ひとたまりもない。「もう巨人に商品価値はない」ということを前提に議論しなければ、プロ野球に未来はない。(健)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.11

ネット検索術

朝日Pasoムック「ネット検索術」朝日新聞社

自他共に認める検索好きである、と思う。
以前「グーグる!」という本を紹介したが、今回はムックである。

本書は、
 ・検索サイトを使いこなす!
 ・ネット情報をフル活用する!
 ・これで完璧!必須サイト77
 ・ネットで解決!掲示板活用
の4章からなる。

最大の収穫は、インターネット アーカイブというサイトの発見。
はっきり言って、このサイトはすごいです。

な、なんと、すでに削除されてしまったページを見ることができるんです。
例えば、検索窓にasahi.comと入力すると、
1996年12月19日の画面までさかのぼれます。
ちなみに、その日のトップニュースは「リマの日本大使公邸人質事件」。

もちろん過去のすべてのページが見られるわけではありませんが、なかなかの優れものです。
8年前、初めて作った自社のホームページを見たときは、ちょっと感動しました。

他にも、サイトの格付け機関Gomesのサイトや、タクシー料金検索、会員登録(無料)すると2万曲の歌詞が検索できる歌ネットなど、いくつかの収穫がありました。

500円なら、お買い得です。(健)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.03

劇団「青い鳥」の想い出

久しぶりの書き込みだ。

ブログって、一週間空くと、なんだかドキドキしてくる。何とも言えないプレッシャーを感じる。友人のブログをのぞいてみる。おいおい、結構書いてるじゃん(ドキドキ)。

ブログは仕事ではない。趣味で始めたことだから、書くことがなければ書く必要はないし、人のブログと比べる必要もない。「世界にたった一つの花」みたいに恬淡としていればいいのである。

ところで劇団「青い鳥」である。
愛読紙「日刊ゲンダイ」で、劇団「青い鳥」30周年記念公演の記事を見つけた(ドキドキ)。出会いは新宿のスナックだった。まだ、それほど売れていない頃で、オリジナルメンバーの木野花、天光眞弓(通称ユリ、旧芸名は忘れた)、芹川藍(同ルミ)の3人がバイトをしていた。

「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね。」(岡崎京子)の言葉を借りるまでもなく、ユリの旧芸名だけでなく、10年近く通ったスナックの名前も忘れてしまった。ただ、スナックのママは、ユリの妹のトモコであったことは確かだ。

僕はユリちゃんのファンで、当時つるんでいたカメラマンはルミちゃんに関心があったような気がする。ユリちゃんに惹かれて、下北沢・スズナリの公演には何度か通った。

その後、数年のブランクがあり、結婚することになったとき、結婚式に上記の3人が新婦の友人として招待された。東京アンサンブル時代の仲間だったのである。僕は大いに期待したが(不謹慎かも?)、ユリちゃんは欠席した。そして、20年後、僕たちは離婚した。

そして30周年記念公演である。
5日まで、青山スパイラルホールにて「シンデレラ ファイナル」の公演がある。すでに木野花は劇団を離れて久しいが、天光眞弓と芹川藍は健在だ。

行くべきか行かざるべきか。なんだか一人では嫌だな。(雄)くん、どうよ。(健)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »