« 総合雑誌「前夜」発刊に思う | トップページ | 宗教支配強まる »

2004.10.13

続・ブログの可能性

前回、「総合雑誌『前夜』発刊に思う」で「いま、なぜ雑誌なのか?」と書いた。

理由は三つある。
・雑誌という媒体に、以前ほどの勢いが無い
・「季刊」では時代のスピードについていけない
・価格が高すぎる

雑誌は発行することが目的ではない。どんなに志が高くても、情報が伝わらなくては発信している意味が無い。「こんなに有益な情報を発信しているのに、読まないほうが悪いのだ」「意識が低すぎる」では、負け犬の遠吠えになってしまう。

それでは、どんな形態が有効なのか。ブログはどうか? 以前紹介した友人のブログの可能性の抜粋を再録しておこう。

「そんな『一人新聞』や『一人雑誌』がテーマに応じてネットワークを組むことで、時にはマス・メディア以上の力を発揮することができるかもしれない。情報流通のスピードに関しては、ネットは十分にテレビに対抗できる同時性を持っていると思う」

「主張のはっきりした『一人新聞』『一人雑誌』がゆるやかにネットワークを組むことで、『客観報道』ではない個性あるジャーナリズムをつくれるかもしれない」

「前夜」発起人たちが、それぞれブログを立ち上げて、ゆるやかなネットワークを組む。雑誌発行と併用してでも、ぜひ検討していただきたいと思う。

参考までに有名人ブログ集というサイトをご紹介しておく。(健)

|

« 総合雑誌「前夜」発刊に思う | トップページ | 宗教支配強まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1665843

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ブログの可能性:

« 総合雑誌「前夜」発刊に思う | トップページ | 宗教支配強まる »