« イラク人質事件 | トップページ | 一人歩きする「ザルカウィ幹部」 »

2004.11.09

ビンラディンのビデオ声明

米大統領選直前のオサマ・ビンラディンのビデオ声明は、果たしてブッシュ再選の背中を押したのか?

選挙前には、声明がどちらの陣営に有利かという議論が多少あったけれど、大接戦であったにもかかわらず、選挙後にはそうした声はあまり聞こえてこない。結論から言えば、ビンラディンの声明はブッシュの背中を押したと思う。

というより、ビンラディンはブッシュの背中を押すために、この時期に声明を発したのではないか。反体制組織には、組織を維持していくために敵役が必要である。そして、その敵が悪役であればあるほど好都合だ。その意味では、ブッシュはビンラディンにとってなくてはならない存在だからだ。

現に、本来なら全世界から袋叩きにあうはずのテロ行為も、ブッシュさえいれば多少なりとも黙認されるという現実がある。イラクに武装組織「イラク・アルカイダ機構」が誕生したように、いま、テロリスト集団は絶頂期にある。ブッシュ様様である。ケリーでは困るのだ。

逆にいえば、テロの連鎖を終わらせたければ、闇雲にテロ組織を叩くのではなく、むしろ敵役であるブッシュを退場させる方が近道だということになりはしないか。(健)

|

« イラク人質事件 | トップページ | 一人歩きする「ザルカウィ幹部」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/1909333

この記事へのトラックバック一覧です: ビンラディンのビデオ声明:

« イラク人質事件 | トップページ | 一人歩きする「ザルカウィ幹部」 »