« 新聞の秘密 | トップページ | 母の三回忌に寄せて »

2004.11.29

もじら組

ブラウザといえばInternet Explorer(IE)しか知らない人が増えているが、もともと、インターネット草創期のブラウザはNetscapeが主流だった。当時、ブラウザは有料ソフトであったが、Windows95が発売されると同時にIEが無料提供(一体販売?)されるようになり、Netscapeは一気に抜き去られた。

その後、OperaやSafariなど、いくつかのブラウザが登場したけれど、思うように伸びていない。ところが、ここにきてFirefox 1.0が発表されて話題を呼んでいる。

オランダOneStat.comの最新調査結果によると、Mozillaプロジェクトによって開発されたWebブラウザのシェアが7.35%に達したことが明らかになった。これは、最近発表されたニューブラウザFirefox 1.0の影響が大きいという。

Firefox 1.0単独のシェアは4.58%というから、先行しているOpera、Safariのシェアが、それぞれ1.33%、0.91%と低迷しているのと比べると、Mozilla系ブラウザの健闘ぶりがよく分かる。

確かに、IEは相変わらず強い。IE6.0は80.95%のシェアを占めているし、他のバージョンも含めたシェアは88.90%となっている。だが、5月調査時点に比べて5ポイント減少していることからも分かるように、徐々にIE離れが進行しているのではないか。

Firefox 1.0は、結構使い勝手が良いので、ぜひお試し願いたい。IEに慣れているせいか、印刷の見栄えがちょっと気になるが、今後、どんどん改良されていくのではないか。Mozilla系ブラウザについては「もじら組」に詳しい。

ちなみに、ニューブラウザのネーミングは当初Firebirdになると言われていたが、他団体の商標とのからみもあってか、いつのまにかFirefoxに差し替えられた。(健)

|

« 新聞の秘密 | トップページ | 母の三回忌に寄せて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/2099646

この記事へのトラックバック一覧です: もじら組:

« 新聞の秘密 | トップページ | 母の三回忌に寄せて »