« テレビの嘘を見破る | トップページ | 安心のファシズムーー支配されたがる人びと »

2005.02.07

フィクションとノンフィクションの境界線

ノンフィクションとは、関係者の証言を丹念に検証して、真実を浮かび上がらせていくという手法だ。だけど、いつも一つの疑念が頭を離れなかった。関係者が意識的に虚偽の証言をしたり、誤った記憶に基づいて証言をしたら、果たして真実に近づくことができるのだろうか。

前回取り上げた「テレビの嘘を見破る」の中で、興味深いケースが紹介されていた。

1988年に福田克彦が発表した「草とり草紙」というドキュメンタリーで、三里塚の農地に一人暮らしをする86歳の農婦・染谷かつさんに三年がかりで密着取材したものだ。

福田は染谷さんが、家出した夫が一年後に死んだときのの想い出を、長い取材の間に三度も語っていて、語られるたびに内容が違うことに気が付いていたにもかかわず、いっさい手を加えず三つともそのまま採用した。

このシーンを見た上野千鶴子は次のように書いている。

<染谷さんは、六十年つれそった夫の死を、こんなふうに“物語”にしたてあげている。これは真情の吐露だろうか、それとも隠蔽だろうか。そのどちらでもない。当事者にとってリアリティーというものが、そんなふうにつくられるという事実を、ありのままに示して、福田さんのフィルムは、このシーンを三回くり返す。彼はドキュメンタリーが「事実についての記録」ではなくて、「事実についての当事者の物語(注:原文は傍点あり)の記録」だということを示すことで、ドキュメンタリーの方法それ自体を“脱構築”してみせるのだ>(朝日新聞 '89.11.26)

こうした手法は、ドキュメンタリーという映像表現でこそ可能だったのかもしれないが、ノンフィクションという活字表現では今回のケースはどのように処理できただろうか。(健)

|

« テレビの嘘を見破る | トップページ | 安心のファシズムーー支配されたがる人びと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/2831532

この記事へのトラックバック一覧です: フィクションとノンフィクションの境界線:

« テレビの嘘を見破る | トップページ | 安心のファシズムーー支配されたがる人びと »