« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.30

さらばVague...

やはり本当に「さよならだけが人生」なのか・・・

昨日、ふたつの送別会が重なった。
ひとつは、一年間活躍してくれた派遣の女性。
ひとつはやはり一年弱通いつづけた初台のお店。

東京・八重洲の焼肉店「チャコール」のあと
二次会はいまはやりのダーツバーへ・・・

名残惜しかったが、30分ほどで、メンバーを残して
ひとり初台の店「Vague」へ・・・10時半着。

すでになかなかの盛り上がりを示していて
こんなに常連客がいるなら閉めなくてもいいのに、と思うが
なかなかそうもいかないのだろう。

さよならパーティーは夜中の3時まで続き
あとは有志で二次会へ。
当日、出勤なので
ここでも1時間ほどで、メンバーを残して帰宅・・・4時半着。
それでもしっかり9時前には出社した。

さらばVague...
いい店だったのになあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

32型プラズマテレビ デビュー

遅ればせながら、32型プラズマテレビを購入した。
SONYのWEGA、KDE-P32HV2というタイプだ。

機種にこだわりがあったわけではなく、
選択の基準はあくまでも価格だ。

地元の電器店からのハガキに触発されて
ネットで調べていたら
【専用台付き、209,428円(税込み)、送料無料】
というのを発見した。

メーカー希望小売り価格65万円との差額に
訳もなく感動し、衝動買いした。

さっそく「日曜洋画劇場」などを見てしまった。
良いです!!
なんとなく心が豊かになったような気がする。
単純ですが・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

鹿砦(ろくさい)社社長の逮捕に思う

鹿砦(ろくさい)社の社長が逮捕された。

同社は、過激な出版内容で知られ、
最近では4月に月刊「紙の爆弾」を創刊するなど、
昨年4月に休刊となった「噂の真相」なきあと
スキャンダル分野で孤軍奮闘している。

先のフリージャーナリスト宅放火事件や
今回の逮捕劇などを見ていると、
知らず知らずのうちに、
言論に対する包囲網がせばめられているのかなと思ってしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.06

Bフレッツ光 デビュー

前々から課題になっていた
Bフレッツ光の導入がようやく実現した。

以前は、仕事柄ノートパソコンを持ち歩くことが多く、
エアーエッジを利用していたが、
128Kbpsの使い放題だと月々の利用料金が
8000円を超える。

昨年、マンションの管理組合が
Bフレッツ・マンションタイプを導入したことは知っていたので、
切り替えが、年初からの課題になっていたのだ。

プロバイダーがマイナーだったので
工事費無料等のサービスは受けられなかったが、
やっぱり速い。

ニカニカ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.04

実録!平成日本タブー大全

久しぶりに、本を探して、書店をはしごした。

数日前、朝日新聞の書籍広告で、
「増刷出来」という文字を見つけたからだ。

書名は
宝島別冊Real「実録!平成日本タブー大全」。

2、3軒回ったが売り切れで、
三省堂でようやく手に入れた。
ここでも、他の平積みよりもかなり低くなっていた。

こういう本が売れるというのは、
「噂の真相」の休刊などで、
人々が情報に飢えているということなのだろうか?

最近の新聞・テレビはうわべだけの報道しかしないからね。

内容的には、
実現しない天皇陛下訪韓に隠された闇、
新興宗教団体の中国・北朝鮮での反日的活動、
あらたな同和利権の正体……といった3大タブーから、
ライブドアVSフジ騒動の本質、
警察とパチンコ利権、
メディアのサラ金広告漬け問題、
そして、K-1やAV業界の黒い闇、と
それなりに幅広くカバーしている。

そんな中、フリーライター山岡俊介さんの家が放火
というニュースが飛び込んできた。

どこかで見た名前だなと思ったら、
本書で「新聞販売店」問題を追及していた。

まさか、この問題での嫌がらせではないとしても、
改めて、いやな時代になってきたなという感想を抱いた。

実録!平成日本タブー大全 (別冊宝島Real)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »