« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

小泉牧場の羊であってはならない

今回の選挙で最もインパクトのあったセリフは、現時点では
八代英太の「小泉牧場の羊であってはならない」ではないか。

マスコミによっては
「小泉劇場の羊であってはならない」などと
訳のわからない記述もあったが・・・

今はマスコミも含めて「小泉牧場の羊」ばかりが目立つけれど、
ワ・タ・シは小泉牧場の羊にはなりたくありましぇ~ん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性刺客は票にならない

マドンナ作戦は古い。
女性=清潔というイメージは、もうとっくに崩壊している。

以前、集票マシンの役割を果たしたのは、
タレントやスポーツ選手など候補者が有名だったからだ。

今回は、高学歴、高経歴かもしれないが、
あまりに無名で、女性誌も完全無視だ。

キャリアウーマンの尊大さは、集票どころか、
むしろ庶民から反発を買うかもしれない。

しかも、日本の有権者は、特に地方では、
残念ながら政策で投票行動を変えることはない。

政策で投票行動が左右されるぐらいなら、
さっさと政権交代が実現していただろう。

そのことは自民党が一番よく知っているはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.30

自民のご都合主義にほころび

小泉さんが「自民党は変わった」と叫んでいる裏で、
相も変わらぬ古い手口が進行していた。

八代英太が小選挙区での出馬を辞退すれば、
「悪いようにはしない」という密約を結んでいたのだ。

ところが、執行部は党内の反発や支持率の低下を理由に
全国区での擁立を見送った。

八代英太は小選挙区から立候補する。
公明党との選挙協力はどうなる?

自民党を壊したのは小泉さんではない。公明党だ。
自民党は、いまや完全な「創価学会依存症」になっている。

創価学会との関係が悪化しても勝てるのか?
「政権交代」がいよいよ現実味を帯びてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

サプライズの限界

自民党の選挙参謀は一体どうなっているのだろう。

どうせ、大手PR会社に依頼しているのだろうが
ちょっと失敗だったね。

サプライズは、滅多に起こらないからサプライズなのであって、
同じことを何度やっても効果はない。

やりすぎも逆効果だ。
「そこまでやるのか」という反感を買う。

ホリエモンを引っ張り出したのは最悪。
有権者に「自民党は真面目にやっていない」という印象を植え付けた。

致命的だったのは、ピークを前半に持ってきたこと。
あとは下がるばかりだからね。

現に、朝日新聞の連続世論調査では、
比例区で投票したい政党では

自民党 31%(15〜17日)→27%(18、19日)→29%(22、23日)→24%(25、26日)

民主党 17%(15〜17日)→14%(18、19日)→13%(22、23日)→16%(25、26日)

という数字が出ている。

よほどのことがないかぎり、ピークの31%には戻れないだろう。
次の選挙では、PR会社を変えたほうがいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

恩田陸の世界

そろそろ選挙の話題にも飽きてきたなあ。
だいたい、このブログは「ブック・ナビ」という名称ではないか。

最近、恩田陸の世界にはまっている。

「球形の季節」「図書室の海」「六番目の小夜子」ときて、
昨夜は「木曜組曲」を読んだ。

舞台は「うぐいす館」と呼ばれる洋館一カ所、
登場人物も5人の女性だけという演劇タイプの作品だが、
なかなか読ませる。

結局、夜中の3時まで読んで、寝不足になってしまった。
これから「麦の海に沈む果実」を読む。

だけど、明日も選挙の話題は掲載するけんね。
投票日までは頑張りたい。

木曜組曲 (徳間文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙クイズ

次の質問に○×で答えなさい。

1. 小泉内閣になってから生活が向上した。
2. 道路公団の民営化は大成功であった。
3. 年金は支払い額が増えて、支給額が減ってもしかたがない。
4. 財源がないのだから、サラリーマン増税もやむを得ない。
5. 憲法を改正して、国際紛争にはどんどん参加すべきだ。
6. 他国が撤退しても、自衛隊は最後までイラクに駐留すべきだ。
7. 拉致問題は解決済みなので、争点にはならない。
8. 米国のような弱肉強食社会は、我が国に向いていると思う。
9. 隣国との関係が悪化しても、首相は靖国神社に参拝すべきだ。
10. 郵政が民営化すれば、生活が楽になると思う。

以上の問題で、○が五つ以上だった人は、どうぞ小泉自民党に投票してください。○が三つ以下だった人は、民主党に投票して、政権交代に期待しましょう。
             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.27

テロ対策は万全か?

小泉さんは「郵政、郵政」と浮かれているけれど、
果たしてテロ対策はどうなっているのか?

フランスのテロ捜査の権威が、
「次は東京が危ない」と警告している。

最近のテロは、ロンドンの同時多発テロを見ても分かるように、
国際世論を意識した作戦が多い。

マドリードの列車テロは、投票日の3日前に起こった。
日本の選挙が狙われても不思議ではない。

東京でも、サマワでも、選挙期間中に
死者が一人でも出たら郵政は吹っ飛ぶ。

可能性はゼロとは言えない。
何しろ、投票日はあの9.11なのだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.26

小泉さんは一年では辞めない!

小泉さんは「来年9月の任期が来たら首相を辞める」と言う。
絶対に辞めないと思う。

この発言には選挙対策の匂いがする。

外に対しては、
「あと一年だから郵政を通してあげよう」という同情票狙い。

内に対しては、
「あと一年だから我慢しよう」という造反対策。

うっかり大勝利をプレゼントしたら大変なことになる。

森さんあたりが「これだけ勝ったのだからもう一年」と言い出す。
執行部は「2年後の参院選も小泉首相で」となる。

次の参院選は2007年7月だ。
小泉さんは、必ず参院の反対派に「非公認」という鉄槌をくだす。

小泉さんは、そういう人だ。

「在任中は憲法改正には手をつけない」とも言っているが、
大勝して、任期延長なら絶対に手をつける。

小泉さんは、そういう人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.25

二人の田中が流れを変える!

どうやら、現時点では小泉自民党が優勢らしい。
あれだけマスコミが刺客報道をすれば、それも当然だろう。

ただ、自民党は仕掛けが早すぎた感がある。
投票日まで3週間近くあるのに、今の勢いを維持できるだろうか。

通常、解散から公示までの日数は10日前後だが、
今回は22日と異常に長いことを計算に入れていない。

もう新たな刺客は出せない。
今度は野党が反撃する番だ。

今回、勝敗のカギを握るのは、
二人の田中ではないか?

新党日本の田中康夫と、無所属・田中真紀子の二人だ。
いまの政界で、小泉さんに対抗できる論客はこの二人しか見当たらない。

二人の田中の活躍次第では、
流れは大きく変わるかもしれない(期待を込めて・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

小泉さんはずるい!

前にも書いたけれど、
事件は衆院ではなく参院で起こっているのだ。

衆院を何度解散しても、
郵政民営化法案はそのたびに参院で否決されてしまう。

だから、今回の解散には意味がない。
意味のない選挙に750億円ともいわれる選挙費用(税金)を使っていいのか?

今回の解散が無意味なことを
一番よく知っているのは小泉さん自身だ。

なぜなら、自分の失政をチャラにするための
「めくらまし解散」なのだから。

拉致問題、安保理事国入り、アジア諸国との不協和音、等々・・・
やることなすこと、ぜ~~~~~んぶ失敗!!

このままでは政権が立ち行かなくなる。
解散(=サプライズ)でごまかす(=争点をすりかえる)ほかはなかったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任期4年の議員を郵政だけで選んでいいの?

ご承知のように、衆院議員の任期は4年だ。
それに対し、郵政民営化問題は、
総選挙後、順調にいけば数カ月で終わる。

郵政民営化だけで勝ち上がってきた郵政ロボット議員に
残り3年半を白紙委任していいのか?

郵政民営化に賛成の人なら、
「憲法改正」や「自衛隊の海外派兵」といった問題には
どんな考えを持っていても本当に構わないのか?

それは、ある意味、民主主義の放棄ではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.23

小粒すぎた刺客たち 残念!!

刺客騒ぎが一段落した。

原稿依頼やキャスティングに多少でも関わったことがある人なら分かると思うけれど、第一候補、つまり「意中の人」に一発OKをもらうのはなかなか難しい。
結局、やむを得ず第2候補や、第3候補で妥協するわけだ。

今回の刺客たちを見ていると、あまりに小粒すぎて、第2、第3どころか、第4、第5候補レベルという感じがする。計算上、100人ぐらいに声をかけて、ようやく20数人を決定したのだろう。

これは、「政権交代」期待派としては大いに想定外だ。

刺客には、もっと大物に出てほしかった。
自民支持層が分裂して、民主党候補が漁夫の利を得るのを期待していたのに、これでは反対派が復活当選してくるだけではないか。残念!!

それにしても、自民党ブランドも堕ちたものだ。
大半の有名人に断られたということだからね。

小粒の刺客たち頑張れ!と、エールを送っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

イラクの自衛隊員は何を思う・・・

今回の総選挙の争点は、郵政民営化法案の賛否だという。
ほんとうにそれだけでいいのか、疑問だ。

例えば、イラクに派遣されている自衛隊員は
何を考えているのだろう。

「おい、不在者投票どうする?」
「今回の争点は、郵政民営化だけらしいぞ!」
「そうかあ。俺、どちらかというと賛成だな。うん」
「ワシも、小泉さんのファンじゃけんね。賛成だ」
「僕、おじさんが郵便局つとめてるんですよね。悩むなあ」

身の危険などものともせず、
そんな明るい会話を交わしているのだろうか・・・

あるいは、リストラで自殺者を出した家族はどうだろう。

「やっぱり、郵政は民営化よね。母さんは賛成だわ」 
なんて言ってないと思うな、おそらく。

要するに、争点は郵政民営化だけでいいなどとはしゃいでいるのは、
小泉・竹中コンビが作り出した弱肉強食社会の勝ち組だけなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

新党「日本」って、どうよ?

今度は新党「日本」が旗揚げした。
しかも党首は、あの田中康夫チャンだ。

これって、どうよ?
もうグチャグチャって感じ。

僕は、もともと田中康夫氏はそれほど好きな方じゃないが、
小泉vs田中は、ちょっと面白い気がする。
だって、小泉vs綿貫では絵にならないでしょ・・・

それに、田中氏なら、小泉さんがやっていることは
実は改革なんかじゃないんだということを
うまく説明してくれそうな気がする。
ただ、候補者のタマが悪すぎるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖政治の片棒を担ぐ刺客たち

自分の意見に反対の勢力は徹底的に弾圧する。
こうした強引な政治手法を軽視していると大変なことになります。

政治手法というのは、なにも郵政民営化だけに適用されるわけではないからです。
消費税値上げ、年金改悪、
ひいては憲法改正、徴兵制の採用などにも適用される可能性があるからです。

「自分の首相任期中は憲法改正をしない」と言っていますが、
「公約を破ることはたいしたことではない」という考えの持ち主ですから信用できません。

小泉さんのやり口は、会社に例えれば、
会議で社長の意見に反対の趣旨の発言をしたら、
翌朝、自分の机が地下の倉庫に移動されていた、というようなものです。

一国の首相が、しかも民主国家で
こんな恐怖政治を実施しているのだから異常です。

もっと恐ろしいのは、
周囲の人たちが粛正を恐れて、自分の意見を言わなくなり始めています。
恐怖政治の完成です。

さらには、自分からお追従笑いを浮かべながら
権力にすり寄っていく人たちがいます。
「刺客」と呼ばれている人たちです。

この人たちは恐怖政治の片棒を担ぐと同時に
恐怖政治の広告塔の役割を果たしているのです。

許せない!
他の雑魚どもはともかく、
猪口邦子と堀江貴文の二人だけは絶対に許せない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

非公認と非国民

「非公認」という言葉から、すぐに「非国民」という言葉を連想した。

郵政の民営化に対する賛否はともかく、
今回の「法案」自体には異論がある。

かといって、
古い体質を体現している反対派を支持しているというわけでもない。

同時に、自分と意見の違うものは徹底的に弾圧するという
強引な手法にも賛同はできない。

今の小泉自民党は、戦争に反対した者を徹底的に弾圧し、
非国民扱いした戦前の体質によく似ている。

こんな「独裁者」に、いつまでも高い支持率を与えていると、
いつか取り返しのつかないことになる。

当人は「来年9月の任期がくれば退任する」と言っているけれど信用できないぞ。

つい最近も「8月15日の靖国参拝」という公約を破ったばかりじゃないか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『政権交代』こそが最大の改革だ!

総理大臣に指名された政治家は、必ず「精神鑑定」を受けるようにしてほしい。
そうすれば、小泉さんはおそらく総理にはなれなかっただろう。

それはともかく、今回の選挙の争点は、
郵政民営化法案に賛成か反対かではなく、
政権交代を選択するのかしないのかにすべきであろう。

いま求められている真の改革は、
政官業の癒着・腐敗体質の一掃である。

そのためには、すべてを一度リセットする『政権交代』が必要だ。
郵政を民営化したぐらいでは、なんの足しにもならないのである。

今回の郵政民営化法案なんて、本当は改革でもなんでもないんだ。
こんなものにこだわっている人たちは、
真の改革を恐れる「守旧派」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.19

刺客と負け犬

刺客というのは、要するに暗殺者だ。
特定の人物をつけねらって殺すのが仕事で、あまりいい役回りとはいえない。

仕事の性質上、あまり重要人物は指名されない。
成功すればもうけもの、たとえ返り討ちにあっても組織には影響を与えない。

いわば捨て駒で、腕の立つ浪人者などが指名されることが多い。
今風に言えば、上昇志向の強い負け犬ということになろうか・・・

そんな汚れ役を嬉々として受け入れる人が、
こんなにたくさんいるということに、ちょっとびっくりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

「国民新党」は意外に面白いかも・・・

郵政民営化法案反対派が結成した「国民新党」は予想通り地味だった。

ただ、ちょっと面白いなと思ったのは
小沢一郎に近い田村参議院議員が民主党を離党して参加していたからだ。

事件は、衆議院ではなく参議院で起こっている。
キャスティングボートを握っているのは参議院だ。

もし、岡田民主党が万が一今回の選挙で過半数を制しても、
参議院で自公の議員が一糸乱れぬ行動をとれば、
すべての重要法案(一部の例外を除いて)は否決されてしまう。

もし、小泉自民党が今回の選挙で大勝して、
衆議院で郵政民営化法案を再可決しても、
参議院の反対派議員が前回と同じ行動をとれば、法案は否決されてしまう。

小泉さんは、もともとそれほど頭がいい方ではないから、
選挙で大勝すれば、反対した参議院議員も民意に従うだろうと考えているに違いない。

だけど、世の中そんなにうまくいくかな・・・
今回は、選挙結果よりも、選挙後の方が面白いのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »