« サプライズの限界 | トップページ | 女性刺客は票にならない »

2005.08.30

自民のご都合主義にほころび

小泉さんが「自民党は変わった」と叫んでいる裏で、
相も変わらぬ古い手口が進行していた。

八代英太が小選挙区での出馬を辞退すれば、
「悪いようにはしない」という密約を結んでいたのだ。

ところが、執行部は党内の反発や支持率の低下を理由に
全国区での擁立を見送った。

八代英太は小選挙区から立候補する。
公明党との選挙協力はどうなる?

自民党を壊したのは小泉さんではない。公明党だ。
自民党は、いまや完全な「創価学会依存症」になっている。

創価学会との関係が悪化しても勝てるのか?
「政権交代」がいよいよ現実味を帯びてきた。

|

« サプライズの限界 | トップページ | 女性刺客は票にならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/5688508

この記事へのトラックバック一覧です: 自民のご都合主義にほころび:

« サプライズの限界 | トップページ | 女性刺客は票にならない »