« 非公認と非国民 | トップページ | 新党「日本」って、どうよ? »

2005.08.21

恐怖政治の片棒を担ぐ刺客たち

自分の意見に反対の勢力は徹底的に弾圧する。
こうした強引な政治手法を軽視していると大変なことになります。

政治手法というのは、なにも郵政民営化だけに適用されるわけではないからです。
消費税値上げ、年金改悪、
ひいては憲法改正、徴兵制の採用などにも適用される可能性があるからです。

「自分の首相任期中は憲法改正をしない」と言っていますが、
「公約を破ることはたいしたことではない」という考えの持ち主ですから信用できません。

小泉さんのやり口は、会社に例えれば、
会議で社長の意見に反対の趣旨の発言をしたら、
翌朝、自分の机が地下の倉庫に移動されていた、というようなものです。

一国の首相が、しかも民主国家で
こんな恐怖政治を実施しているのだから異常です。

もっと恐ろしいのは、
周囲の人たちが粛正を恐れて、自分の意見を言わなくなり始めています。
恐怖政治の完成です。

さらには、自分からお追従笑いを浮かべながら
権力にすり寄っていく人たちがいます。
「刺客」と呼ばれている人たちです。

この人たちは恐怖政治の片棒を担ぐと同時に
恐怖政治の広告塔の役割を果たしているのです。

許せない!
他の雑魚どもはともかく、
猪口邦子と堀江貴文の二人だけは絶対に許せない!

|

« 非公認と非国民 | トップページ | 新党「日本」って、どうよ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/5556148

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖政治の片棒を担ぐ刺客たち:

« 非公認と非国民 | トップページ | 新党「日本」って、どうよ? »