« さらばVague... | トップページ | 刺客と負け犬 »

2005.08.17

「国民新党」は意外に面白いかも・・・

郵政民営化法案反対派が結成した「国民新党」は予想通り地味だった。

ただ、ちょっと面白いなと思ったのは
小沢一郎に近い田村参議院議員が民主党を離党して参加していたからだ。

事件は、衆議院ではなく参議院で起こっている。
キャスティングボートを握っているのは参議院だ。

もし、岡田民主党が万が一今回の選挙で過半数を制しても、
参議院で自公の議員が一糸乱れぬ行動をとれば、
すべての重要法案(一部の例外を除いて)は否決されてしまう。

もし、小泉自民党が今回の選挙で大勝して、
衆議院で郵政民営化法案を再可決しても、
参議院の反対派議員が前回と同じ行動をとれば、法案は否決されてしまう。

小泉さんは、もともとそれほど頭がいい方ではないから、
選挙で大勝すれば、反対した参議院議員も民意に従うだろうと考えているに違いない。

だけど、世の中そんなにうまくいくかな・・・
今回は、選挙結果よりも、選挙後の方が面白いのかもしれない。

|

« さらばVague... | トップページ | 刺客と負け犬 »

コメント

コメントありがとうございます。

参議院は与野党の差が僅差で、
しかも解散がないというのが話を面白くしています。

小泉さんは、
衆議院の反対派は徹底的に弾圧しているのに、
参議院の反対派には今のところ何のお咎めもありません。

だって、除名なんかしたら過半数を割ってしまうからなんですね。

法案を否決した当事者を放置しておいて、
「自民党は変わった」なんてちゃんちゃらおかしいですね。

だけどマスコミはこの辺のところには、
あえて触れないようにして小泉さんを持ち上げています。

ま、今のマスコミはどこも「守旧派」だからなあ。
マスコミといえども
政権交代で既得権益を失いたくないのでしょう。

投稿: 健 | 2005.08.20 01:11

TBありがとう。

今まで影の存在だった参議院が脚光をあびてますね。
ほとんどの採決は、衆議院さえ通せば、参議院も右倣えだったのが、今回ばかりは違ったようです。参議院も居たんだなぁーと思ってしまいました(笑

確かに、選挙後も面白そうですね。

投稿: | 2005.08.19 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/5519167

この記事へのトラックバック一覧です: 「国民新党」は意外に面白いかも・・・:

« さらばVague... | トップページ | 刺客と負け犬 »