« 日本は変わった | トップページ | 事実は小説より奇なり? »

2005.09.26

ウーロン亭ちゃ太郎は面白い

雑学倶楽部の9月例会は、
ウーロン亭ちゃ太郎の「オペラ落語」。

落語とは言うものの、ちゃ太郎は落語家ではない。
なぜなら、落語協会に加入していないからだ。

そんなことは、どうでもいい。
とにかく面白い。

今回の出し物は、
「カルメン」と「メリー・ウィドー」の二本立て。

しゃべりまくり、歌いまくって
30分足らずで4幕物を仕上げてしまう。

笑い転げながら、
オペラの歴史までお勉強。

まだ50歳だというのに
今年限りで引退するという、惜しい。

どうしても聞きたいという方は、
10,11,12月の三回、世田谷区の「松本記念音楽迎賓館」で落語会がある。
http://www.pioneer.co.jp/onkan/matsumoto/opera_rakugo3.html

木戸銭は2000円だから問い合わせてみるといい。
03-3709-5951

雑学倶楽部でも12月2日に、
もう一度、聞く。

友人の作曲家も、ぜひ聞きたいと話していた。

|

« 日本は変わった | トップページ | 事実は小説より奇なり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/6135609

この記事へのトラックバック一覧です: ウーロン亭ちゃ太郎は面白い:

« 日本は変わった | トップページ | 事実は小説より奇なり? »