« 事実は小説より奇なり? | トップページ | 選挙後に変わったこと »

2005.09.28

グロテスクな教養

高田里恵子「グロテスクな教養」ちくま新書

題名に惹かれて
思わず購入してしまった。

帯には「知的マゾヒズム宣言」とある。
う〜ん、ますます分からん。

要するに、我が国の教養なるものは、
優等生たち(例えば東大生)が、
自分は単なる秀才、単なるガリ勉ではないことを
自分自身にも、他人にも示すための道具であった、ということになるらしい。

そうか、そういう見方もあったのか。
私などは、自分は単なる劣等生ではないということを示すためにあえて難解な本を読んだりしていたので、
こういう見方はちょっと新鮮だった。

正直な感想を述べてしまえば、
それなりに面白いが、それなりに退屈な本だ。

グロテスクな教養 (ちくま新書(539))


|

« 事実は小説より奇なり? | トップページ | 選挙後に変わったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/6163849

この記事へのトラックバック一覧です: グロテスクな教養:

« 事実は小説より奇なり? | トップページ | 選挙後に変わったこと »