« 世の中はどうなっておるのか? | トップページ | グーグルをカスタマイズする »

2005.10.31

恩田陸の読み方

ある本を面白いと思ったら
その作家を10冊、20冊と読みつづける。
文庫版がなくなると、やむなく単行本に移行する。
昔からそういう読み方をしてきた。

だから、以前の本棚には
同じ作家の本がずらりと並んでいた。
文庫本ズラリ、単行本ちょぼちょぼという具合に。
事情があって、今はほとんど残っていないが・・・

最近は、恩田陸にはまっていて、
ここ3ヵ月、読みつづけている。

すこし気分転換をしようと
ぶらりと入った本屋で平積みにされていた
文庫版・藤原伊織「ひまわりの祝祭」を購入した。

20ページほど読み進んで、
ようやく既読であることに気が付いた。
「テロリストのパラソル」や「てのひらの闇」を読んだときに、
すでに読んでいたのに忘れていたのである。

結局のところ、
また恩田陸に舞い戻ってしまった。

読みながらうすうす気が付いていたのだが、
恩田陸の作品は、
読む順序を間違えると、大分印象が違ってくるということ。

「黄昏の百合の骨」を読んでいて、
それを確信した。
他作品の登場人物が、
何の説明もなく突然出てくる。

初めに「図書室の海」「麦の海に沈む果実」を読んでいないと、
その後の作品の面白さは半減すると思う。
幸い、わたしは文庫本の裏表紙の解説を頼りに
本を選んでいたので大丈夫だったが。

そんなことを思いつつ、ネットで調べていたら、
「恩田陸の読み方」が出ていたのでご紹介しておく。

http://sammy.nce.buttobi.net/osusume.html


|

« 世の中はどうなっておるのか? | トップページ | グーグルをカスタマイズする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/6782471

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸の読み方:

« 世の中はどうなっておるのか? | トップページ | グーグルをカスタマイズする »