« 「体制側につく」という生き方 | トップページ | ブログ普及委員会 »

2005.11.30

失敗作に出会う

失敗作に出会うというのも
読書の楽しみのひとつである(ホントか?)。

自分の中で評価が決まっている作家の本は安心して読める。
だけど10冊も続くとなあ・・・

何度も書いているように
恩田陸にはまっている。

ここ数カ月で13冊読んで、今も書棚には
未読の「夜のピクニック」「Q&A」「ネバーランド」「蛇行する川のほとり」とエッセイ集「小説以外」の5冊が出番を待っている。

「夜のピクニック」「小説以外」を除く3冊は
BOOK OFFでまとめ買いしたものだ。

コアなファンがついている作家の本は
なかなか古本屋には出てこないので、
見つけたときに買っておこうと・・・

ちょっとお休みをしようと購入したのが
加門七海「203号室」(光文社文庫)と
宮部みゆき「誰か」(光文社)の2冊。

加門七海は初めての作家だが
「読み始めたら止まらない、戦慄のノンストップ・ホラー」
という惹句にだまされてしまった。

何だか下書きを読まされたような読後感。
これから肉付けするんだよね、って感じだ。
しかも怖くも何ともない。どこがノンストップなの・・・

というわけで、いまは口直しに
宮部みゆき「誰か」を読み始めたところだ。

|

« 「体制側につく」という生き方 | トップページ | ブログ普及委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/7392222

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗作に出会う:

« 「体制側につく」という生き方 | トップページ | ブログ普及委員会 »