« 野口つながりな一日 | トップページ | 猪瀬直樹と堀江貴文 »

2006.01.23

ホリエモンの蹉跌

しばらく「日刊ゲンダイ」にはご無沙汰していたけれど、
こういう大事件が起こるとついつい買っちゃうんだよね。

今では、大新聞は政府の広報と化しているから、
あたりさわりのない記事しか載らない。

昔、昔、その昔には、記者が自社でボツになった記事を
日共の赤旗に流していたという噂があった。

「噂の真相」などを含めて、
今はそういう受け皿がない。

だから今では、
僕たちは権力に都合のいい情報しか享受できない。

先日読んだ「日刊ゲンダイ」に興味深いニュースが載っていた。
堀江貴文が年明けに出た小冊子に語った一文だ。

「リクルート事件は、出る杭が打たれたケース。だから僕らは打たれないようにしなければいけない。大きくなった会社が、その上のステージを目指すとき、政治の壁みたいなものがある。選挙は落ちましたが、僕は立候補によって、政治家との繋がりは非常に強くなりました。同じ選挙で戦ったという仲間意識がある。小泉首相はじめ選挙でお世話になった人は、国の中枢にいる。僕は閣僚の半分くらいと面識があるわけです。リクルートが株を配ったところを、体を張ってキップを手に入れた感じですね」

う〜ん、甘いな。
権力は、二枚も三枚も上手で、
リクルート以上に巧妙に利用されてしまった。

だけど、率直に思うんだけれど、
こんなに権力に思い入れを抱いている青年に対して
小泉も、竹中も、武部も、あまりにも冷たすぎやしないか。

ま、権力はいつの世も残酷なものだけれどね。

|

« 野口つながりな一日 | トップページ | 猪瀬直樹と堀江貴文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/8306368

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンの蹉跌:

« 野口つながりな一日 | トップページ | 猪瀬直樹と堀江貴文 »