« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.27

ワンギリサーチ

ちょっと前に、携帯にワンギリがあった。

早速、グーグルで検索してみると、
ワンギリサーチというサイトが見つかった。

もともとは携帯版のサイトだが、
同じURLでPCでも見ることが出来る。

検索窓に番号を入力すると、
その番号は511件の被害報告があると出た。
小生も、すぐに投票したので被害件数は、
直近で512件に増えているはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検索サイトの再編

このほど、NECは検索サイト「BIGLOBE」の分社化を検討、
東芝系の「フレッシュアイ」を運営する会社はYahoo!に買収される。

すでに、「lnfoseek」は昨年、楽天の軍門に下り、
ご承知のように「livedoor」はUSENの傘下になる。

検索サイトの再編というよりはIT関連企業の再編ということなのだろうか。

いずれにしても、今後、検索サイトは、
ますますYahoo! vs Googleの構図になっていく。

100字雑学でも書いたが、
石田衣良「アキハバラ@DEEP」によれば、
「ヤフーは『ガリバー旅行記』に登場する野蛮で粗野な、異臭を放つ生きもの。グーグルは1の後にゼロが百個続く数値ゴーゴルから」とある。

英語でつづると「o」が二つ重なるのが共通点だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

ヒューザーその後

ライブドア事件の風化よりもヒューザー事件の風化の方が激しいようにみえる。

当方は、仕事柄、相変わらず情報収集は続けているが、
ちょっと重たい情報を発見してしまった。
どうやら知人がヒューザーの物件を購入しているらしいのだ。

Aさんは、前の前の前の前の会社の4,5年後輩の記者で、
今ではフリーライターとして幅広く活躍している。

そして、「編集者としてヒューザーのマンションを取材するうち、そのコストパフォーマンスの高さに惚れこみ、ヒューザーのマンションを購入してしまった」らしいのだ。

それだけならまだしも、惚れこみついでにヒューザーのイベントなどにも参加している。
不動産の専門家として、ヒューザーの物件を推奨していたとすれば、
被害者であると同時に加害者でもあるということになる。

それほど親しい間柄ではないので、
直接コンタクトはとっていないけれど、
今はどうしているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

ライブドア事件の風化

事件は風化する。
ライブドア事件も例外ではない。
ブログ上でもかなりトーンダウンしてきた。

そんな中、「魚住 取材ノート」にこんな記事を見つけた。

【大鹿記者は他紙の例も挙げて「企業会計のイロハが分かっていない」「おどろおどろしい」だけのライブドア報道を痛烈に批判し、特捜部の捜査についてもこう語っている。
「特捜部が、わざわざ東証を全面ストップに追い込んでまで、証券取引法の『風説の流布』を問うのは大げさすぎるように思える。粉飾のレベルも大したものではない。企業会計に詳しい大学教授は『本来は証券取引等監視委員会の対応で十分に済むマター。粉飾の度合いと、社会的制裁の度合いの落差が、あまりにも大きい』と指摘する。ライブドアは上場廃止の見通しで、万引きで死刑宣告を受けたようなものだ」】

ライブドア事件は、果たして「万引き」程度の事件だったのか?
だとすれば、野口英昭の不審死はなんだったのか?
民主党潰しの偽メール事件はなんだったのか?

記事は連載だから、今後の展開を待とう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »