« 恩田陸「チョコレートコスモス」毎日新聞社 | トップページ | 句会の顛末 »

2006.06.28

100円本漁りの楽しみ

自宅の近所に一軒の古本屋がある。
近くにBook Off もあるけれど、従来型の古本屋の方が好きだ。
Book Off はあまりにも整然としていて親しみがわかない。

古本屋での楽しみのひとつは、
100円本の中から掘り出し物を見つけることだ。

神保町の古本屋の100円本は、おおむねガラクタばかりだけれど、
地元の古本屋は結構面白そうな本が並んでいる。

出版された当時、気にはなっていたが
買うほどでもないという本がそこそこある。

今回、購入したのは以下の5冊だ。
 
 安原顕「ふざけんな!」図書新聞 1600円
 いしいひさいち「いしいひさいちの経済外論」 780円
 ナンシー関「何が何だか」世界文化社 1000円 
 青木雄二「ゼニと世直し」大和書房 1200円
 現代情報ネットワーク「お客にいえない業界のヒソヒソ話」青春出版社 476円
 

しめて5056円の本が、たったの500円。もうかった、もうかった!
ホントは、ほかのところで、結構、無駄遣いしてるんだけどね。
だけど、あと45冊100円本が買える計算になる。そんなに、読めるのか?

|

« 恩田陸「チョコレートコスモス」毎日新聞社 | トップページ | 句会の顛末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/10711003

この記事へのトラックバック一覧です: 100円本漁りの楽しみ:

« 恩田陸「チョコレートコスモス」毎日新聞社 | トップページ | 句会の顛末 »