« 句会の顛末 | トップページ | 内田樹ほか「9条どうでしょう」毎日新聞社 »

2006.07.19

キラーパスとパスミス

「走らなければサッカーにならない」
正論である。

だけど、正論というのは、
概ね現実的ではないことが多い。

特に、ワールドカップのような
重要な場面で試すようなことではない。

ワールドカップは練習試合ではない。
不透明な理論の実践より、堅実なプレーが要求される。

走れないと分かっているチームメートに、
届かないパスを出すのはいかがなものか。

それは単なるパスミスか、
チームワークを乱す行為でしかない。

中田英寿のキラーパスとやらで、
どれだけ多くのチャンスをつぶしたことか。

その意味では、彼のプレーはプロのレベルには程遠く、
単なる、頭でっかちの青臭いサッカー少年のレベルに過ぎない。

だけど、こういう独りよがりの人って、
一般社会にも結構多いんだよね。

|

« 句会の顛末 | トップページ | 内田樹ほか「9条どうでしょう」毎日新聞社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/11005669

この記事へのトラックバック一覧です: キラーパスとパスミス:

« 句会の顛末 | トップページ | 内田樹ほか「9条どうでしょう」毎日新聞社 »