« 恩田陸「夜の底は柔らかな幻」 | トップページ | 積んどく読書 »

2006.11.21

テレビ一人時間差

世界バレーを見ていて、日本の敗色濃厚だったので、
ネットでも・・・とPCを立ち上げたら、
ニュース欄に「日本敗れる」という見出しが躍っていた。

そうか、世界バレーは生放送ではなかったのか・・・
あとでわかったことだが、試合開始は午後6時。
放送は7時から時間差で流れていたのだ。

そのうち、放映の仕方で、
ある程度、試合の流れが読めるようになった。

今大会は、第2セットと第3セットの間に
10分間の休憩が設けられている。

気をつけて見ていると、
3セットで勝敗が決まるケースでは、
この時間帯、CMが終わっても会場の応援風景が流れている。

4セット、5セットと試合がもつれる場合は、
CMのあと、すぐに第3セットが放映されるだけでなく、
タイムアウトの放映時間さえも短縮されるからだ。

テレビ局もやってくれるよなあ~

|

« 恩田陸「夜の底は柔らかな幻」 | トップページ | 積んどく読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/12769350

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ一人時間差:

« 恩田陸「夜の底は柔らかな幻」 | トップページ | 積んどく読書 »