« 酒を飲まない快感、ブログを書かない快感 | トップページ | DVD「アキハバラ@DEEP」vs「夜のピクニック」 »

2007.02.23

梶山季之「せどり男爵数奇譚」ちくま文庫

梶山といえば「黒の試走車」や「李朝残影」などが有名だが、
わたしは「ある秘書官の死」「大統領の殺し屋」といった作品が好きだ。

ノンフィクションを評価する人がいる一方、
「真相は小説でしか書けない」という見方もある。

「大統領の殺し屋」では、末尾に
「この作品は、すべて架空の物語です。しかし、もし事実の部分があるとしたら、
筆者が何らかの形で報復されるでしょう。念のため」と追記されている。
なんだか思わせぶりだ。

そんな梶山作品の中で、「せどり男爵数奇譚」は、
古本をめぐる6つの出来事を、ミステリー仕立てにしたちょっと異色の作品だ。

|

« 酒を飲まない快感、ブログを書かない快感 | トップページ | DVD「アキハバラ@DEEP」vs「夜のピクニック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/14019316

この記事へのトラックバック一覧です: 梶山季之「せどり男爵数奇譚」ちくま文庫:

« 酒を飲まない快感、ブログを書かない快感 | トップページ | DVD「アキハバラ@DEEP」vs「夜のピクニック」 »