« ある感慨 | トップページ | 「吉牛」のバイトに未来はあるか? »

2007.03.14

DVD「リンダ・リンダ・リンダ」

「リンダ・リンダ・リンダ」を観た。2度観た。
一回目は小軽く、二回目はじっくりと。

僕はもともとそれほど映画を観るほうではなく、
「スウィングガールズ」にしてからが、
上野樹里を見たいというミーハー気分からだった。

ところが友人から、
「スウィングガールズ」を観たのなら
「リンダ・リンダ・リンダ」も観たらと勧められた。

「ペ・ドゥナがすごい」と言われても、
韓国映画など観たこともないので、もうひとつピンとこない。

本編の前の新作情報「春の日のクマは好きですか?」のペ・ドゥナとは
ずいぶん印象が違う。

そんなこんなで、一回目は
戸惑っているうちに見終わってしまった。

ネットで少し情報を仕入れておいたせいか、
二回目は少し落ち着いて見ることができた。

ペ・ドゥナが結構「目」で演技しているのが分かった。

ひとり舞台に立ってメンバー紹介をしたり、
雨の中、先頭に立って飛び出したり、
ベースを忘れた本人より早く取りに戻ったり、
いろんな伏線の後に、最後の歓喜が来る。

もともとはプロのミュージシャンだという
関根史織がいい味を出していた。

|

« ある感慨 | トップページ | 「吉牛」のバイトに未来はあるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/14260117

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「リンダ・リンダ・リンダ」:

« ある感慨 | トップページ | 「吉牛」のバイトに未来はあるか? »