« ケータイ全盛の落とし穴 | トップページ | DVD「リンダ・リンダ・リンダ」 »

2007.03.07

ある感慨

僕たちは生きている間にいろいろな人と出会うけれど、
誰とでもずっと最後まで付き合っていけるわけではない。

結構ウマが合っていたのに、
それぞれの事情で二度と会わなくなってしまうケースだってある。

新宿で送別会があり、
流れで久しぶりにゴールデン街に立ち寄った。

僕は行きつけではなかったけれど
誘われて「唯尼庵」に行った。もちろんママはいない。

マスターは同年代で、
昔話に花が咲いた。

当時顔を合わせなかったのが不思議なくらい、
次々に知人たちの名前が話題に上った。

その話を聞いたときには一瞬耳を疑った。
「Dusty」のともちゃんが数年前に死んだという。

「唯尼庵」のママみたいに有名人ではなかったから、
死んでもニュースになることもなかったのだ。

昨夜「唯尼庵」に立ち寄らなければ、
ずっと知ることもなかっただろう。

あの、はにかんだような笑顔が忘れられない。 合掌

|

« ケータイ全盛の落とし穴 | トップページ | DVD「リンダ・リンダ・リンダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/14175216

この記事へのトラックバック一覧です: ある感慨:

« ケータイ全盛の落とし穴 | トップページ | DVD「リンダ・リンダ・リンダ」 »