« 絶望という名の保守 | トップページ | 千駄木「清水書店」が全焼 »

2007.04.11

還暦同窓会の感慨

いつのころからか、二ヵ月に一回
新宿で高校時代の同期が飲み会を開くようになった。

参加者は、少ないときは4,5人のときもあるし、
多いときは20人を超えることもある。

もう10年は続いていると思うが、
55歳を過ぎたころから、参加者が増え始めた。

終身雇用制度が崩れて、誰もが第二の人生を歩み始めて、
社内での居心地が悪くなってきたことも影響しているのかもしれない。

そうして、今年に入って誰からともなく
年内にもクラス横断の「還暦同窓会」を開こうという声が上がり始めた。

この25日に各クラス代表が集まって、
第一回の準備会が開かれることになった。

こういう連絡に当たっては、
紙よりも断然メールが便利ですね。

しかし、「還暦同窓会」かあ~
高校卒業してから、もう42年も経ったんだよね~

|

« 絶望という名の保守 | トップページ | 千駄木「清水書店」が全焼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/14641643

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦同窓会の感慨:

« 絶望という名の保守 | トップページ | 千駄木「清水書店」が全焼 »