« DVD「リンダ・リンダ・リンダ」 | トップページ | 「東京オリンピック」誘致のまやかし »

2007.04.03

「吉牛」のバイトに未来はあるか?

勤務先の近くに「吉野家」があり、
たまに同僚に誘われて昼食を食べに行く。

もちろん牛丼は食べない。
ま、似たりよったりかもしれないが、
一応、豚肉のしょうが焼きにしている。

2階のカウンターの中にはバイトが二人いる。
ひとりは責任者風、
もうひとりは注文取り、配膳、片付け、集金をすべてこなす。

30歳前後のいかにも鈍くさい青年で、
段取りが悪く、常にアセアセしている。

この青年を見ていると、どうしても
以前「ワーキングプア」の項で紹介した下記のコメントを思い出してしまう。

「格差社会がもっと広がって欲しいと思ってますね。
自分はこれ以上、上にあがることができないから。
自分と同じ位置に大勢の人が落ちてくればいいな、と。
そういう世の中を望んでいる」(飲食店勤務・アルバイト・32歳)

実は、こういう青年が、
世の中に大量に増殖しているのではないか?

そして、「自分と同じ位置に大勢の人が落ちてくればいいな」という願望が、
いずれ「地震など大災害が起こって、みんながゼロになればいい」とか、
「戦争が起こって、社会全体がグチャグチャになればいい」
といった妄想に進展しないという保証はどこにもない。

「格差社会」とは実は、安倍首相の推し進める
憲法改正 → 徴兵制 → 戦争 という
「美しい国」づくりへの第一歩なのかもしれない。


|

« DVD「リンダ・リンダ・リンダ」 | トップページ | 「東京オリンピック」誘致のまやかし »

コメント

多分その店員、異常プリオンが入ってる。

投稿: FLOG | 2007.04.04 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/14504950

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉牛」のバイトに未来はあるか?:

« DVD「リンダ・リンダ・リンダ」 | トップページ | 「東京オリンピック」誘致のまやかし »