« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.30

主役は死なない

大きな疑獄事件が発生すると、
必ず周辺で“自殺者”が出る。これ“定説”です。

だけど、主役は絶対に自殺しない。
これは例外なき“定説”です。

つまり、松岡農相は主役ではなかった。
もっと上がいるってことですな。

誰なんだろうな~
まあ、だいたい想像はつくけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美しい国」では現職大臣が自殺する

松岡農相の遺書には「安倍総理 日本国 万歳」とある。
なんだか「美しい国」は、
かつての「神国日本」とシンクロしているかのようだ。
ん? ということは安倍総理はかつての天皇と同じ位置にいるのか?

ところで、今回の事件はこんなことになっている。

5月18日
松岡利勝農水相(62)=熊本3区=の地元事務所関係者の損保代理店社長(62)が、
先週末に熊本県阿蘇市の自宅で自殺していたことが22日、分かった。
「ナントカ還元水」など、カネの問題で話題となっている松岡氏の周辺者だけに、さまざまな憶測も飛び交う。いったい何があったのか。
関係者によると、18日午前、社長が首をつっているのを親族が発見した。
社長は1990年の総選挙で松岡陣営の運動員として活動し、
別の運動員に金銭を渡して票の取りまとめを依頼したとして、公職選挙法違反で逮捕。
今年1月には、阿蘇市議選に立候補して小差の次点で落選した。

5月28日
東京都港区赤坂2丁目の議員宿舎で28日、首つり自殺を図った松岡利勝農相(62)は
同日午後2時、搬送先の慶応大病院(新宿区)で死亡が確認された。
検視の結果、窒息死で、警視庁は自殺と断定した。
衆院事務局によると、現職国会議員の自殺は戦後7人目で、現職閣僚は初めてとみられる。
安倍晋三首相は慶応大病院を訪れた後、
記者団に官邸で「大変残念だ。ざんきに堪えない」と述べた。

5月29日
29日午前5時15分ごろ、
横浜市青葉区青葉台1丁目のマンション駐車場で、
男性が頭から血を流し、うつぶせで倒れているのを近くの人が見つけ、
管理人が119番通報した。
神奈川県警の調べでは、男性はこのマンションに住む、
緑資源機構の前身にあたる旧森林開発公団元業務担当理事の山崎進一さん(76)で、飛び降り自殺とみられる。

2週間足らずの間に、現職大臣も含めて関係者が3人も自殺するなんて、
わが国は、なんて「美しい国」なんだろう。

今回の事件に関連して、あまり目立たなかったが、
YOMIURI ONLINEが下記のような記事を掲載している。

【首相コメント「慚愧に堪えず」、「残念だ」の間違いか

安倍首相が松岡農相の自殺について、
「慚愧(ざんき)に堪えない」と述べたことについて、
「『残念だ』という意味で使ったのであれば、間違っている」という指摘が出ている。
「慚愧」は「恥じ入ること」(広辞苑)という意味だからだ。
首相周辺は「最近は反省の意味でも使われており、問題はない」としている。】

たしかに、大辞泉をひもといてみても、
「自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること」とある。

自国の言葉の意味もよく理解していない人間に、
やれ教育改革だ、やれ憲法改正だなどと言われたくないなあ・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.28

平和勢力の老化

久しぶりに「9条の会」オフィシャルサイトをのぞいてみた。
改めて「九条の会」呼びかけ人のプロフィールを見て慄然とした。

井上ひさし(1934年生まれ)
梅原 猛(1925年生まれ)
大江健三郎(1935年生まれ)
奥平康弘(1929年生まれ)
小田 実(1932年生まれ)
加藤周一(1934年生まれ)
澤地久枝(1930年生まれ)
鶴見俊輔(1922年生まれ)
三木睦子(1917年生まれ)

確かに、我々の世代にとっては馴染み深いし、
錚々たるメンバーなのだけれど、いかんせん年齢が・・・

一番若いのが大江健三郎の72歳というのでは、
先が思いやられるし、何よりも若い世代にどれだけアピールできるのか?

少なくとも、団塊の世代が何とかしなければ、
平和憲法は風前の灯火だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.25

加川良「教訓I」に寄せて

過日、テレビ東京のフォーク特集で
加川良の「教訓I」を初めて聴いた。

加川は高田渡のマネージャーをしていたという。
高田の「自衛隊に入ろう」はよく知られているが、
当時、加川の「教訓I」は聴いたことがなかった。

「命はひとつ 人生は一回 だから命をすてないようにね
慌てるとついふらふらと お国のためなのといわれるとね
青くなって尻込みなさい 逃げなさい 隠れなさい」

こういう発想って好きだな。
1970年の歌だというが、今の時代にこそふさわしい歌だと思う。

僕はかつて、当時の大人たちはなぜ戦争に反対しなかったのだろう、と
ずっと不思議に思っていたけれど、今なら理解できる。

今は、職業右翼の存在がかすんでしまうほど、
人々が右傾化しているという。

戦争前の社会状況も今と同じで、大勢は戦争反対ではなく、
むしろ戦争ウェルカムな雰囲気だったに違いない。

ふと、笠原和夫「破滅の美学」(筑摩文庫)の
戦争について触れた一文を思い出した。

「捕虜が捕まり、明日あたり処刑がありそうだという晩は、
兵士たちは夕食も満足に咽喉を通らなくなる。
首切り役が自分に回ってこないか、という不安からである。
気の弱いものは、夜っぴて嘔吐するという」

現在はただの好々爺にしか見えないおじいちゃんたちの中にも、
実はこんな過酷な体験をしてきた人たちが結構たくさんいるのではないか・・・

所詮、戦争なんて、個人にとっては「愛国」とか「お国のため」とは無縁で、
殺すか殺されるかという切実で残酷な世界なのだ。

だから、
「青くなって尻込みなさい 逃げなさい 隠れなさい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.21

千駄木「清水書店」が全焼

自宅マンションと隣のマンションとの間に、
木造モルタル2階建ての「清水書店」はひっそりと建っていた。

かつて、よしもとばなながバイトをしていたとも言われるが、
現在は、書店ではなく「書画肆(しょがし) しみづ」に商売替えしている。

その「清水書店」が、
20日午後2時半ごろ2階から出火、全焼した。

4時ごろ帰宅してみたら、
マンション前は消防車や野次馬で騒然。

窓を開けて外出していたので、
部屋の中まで煙のにおいが立ち込めていた。

2階からの出火だから、失火だろうけれど、
結構、有名画家の絵を扱っていたので被害額も大きかったのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »