« 主役は死なない | トップページ | お米一合は何粒? »

2007.06.25

水筒を持ち歩くということ

日本人は、いつからこんなに水分を摂取するようになったのだろう?
自席から眺めると、社内のほとんどの座席にペットボトルが林立している。

1985年、伊藤園が「缶入り煎茶」の発売を開始した。
それまでは、お茶といえば給茶機から飲むものと相場が決まっていた。

お茶にお金を払うってどうよ?
そんな心配をよそに、シェアはどんどん広がった。

ちなみに、お茶のペットボトル化は1990年のことだ。
このころから、ありとあらゆるペットボトル飲料が開発され始めた。

いずれにしても、水やお茶を含めて、飲み物はどんどん有料化していった。
「カルピスウォーター」って自宅で飲むものじゃなかったっけ?

まあ、水やお茶にお金を払うのはいい。本人の勝手だから・・・
しかし、大量に消費されるペットボトルの原料や後始末はどうなるのか。

そんなこんなで、先週から、
水筒(魔法瓶)を持ち歩くことにした。

これはいいです。
小遣いの節約になるし(推定3000円/月)、環境問題にも貢献している(と思う)。

|

« 主役は死なない | トップページ | お米一合は何粒? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/15554890

この記事へのトラックバック一覧です: 水筒を持ち歩くということ:

« 主役は死なない | トップページ | お米一合は何粒? »