« 古書店街の醍醐味 | トップページ | ジンクスには勝てない? »

2007.07.04

内閣総理大臣臨時代理

自民党も大変だなあ。
これで選挙が戦えるのか?

奥の手として、安倍総理を緊急入院させて、
麻生臨時総理で戦うという手もありかな、なんて思っていたら、
そうは簡単にいかないらしい。

内閣法第9条というのがあって、
総理大臣が死亡・病気・海外出張等で不在になったときには、
あらかじめ指定された国務大臣が「内閣総理大臣臨時代理」の職務につく。

あらかじめ指定される就任予定者は5人いて、
第1順位には原則として内閣官房長官がなる。

安倍内閣でいえば、
 第1位 塩崎恭久(官房長官)
 第2位 麻生太郎(外務大臣)
 第3位 柳沢伯夫(厚労大臣)
 第4位 久間章生(防衛大臣)
 第5位 尾身幸次(財務大臣)
という順位になっている。

それにしても臨時総理って軽いね。問題大臣ばかりじゃん。
久間さん、すでに辞任しちゃったし・・・

というわけで、安倍さんが倒れても、
すぐに麻生臨時総理というわけにはいかないのだ。残念。


|

« 古書店街の醍醐味 | トップページ | ジンクスには勝てない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/15646384

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣総理大臣臨時代理:

« 古書店街の醍醐味 | トップページ | ジンクスには勝てない? »