« 「安倍降ろし」ができない! | トップページ | 国政調査権の脅威 »

2007.08.03

ビデオテープでもう一度

安倍首相の会見を聞いていると、
「あれ? これビデオかな?」と錯覚してしまう。
いつも同じフレーズしか出てこないからだ。

選挙前は「美しい国」「戦後レジームからの脱却」、
選挙中は「私と小沢さんのどちらを選ぶのか」、
選挙後は「反省すべきは反省し」といった具合だ。

政治家って「言葉命」じゃなかったっけ?
歴代首相には大学の「雄弁会」や「弁論部」出身者も少なくない。

「サメの脳みそ」と揶揄された森元首相でさえ、
早大雄弁会出身で、安倍さんよりしゃべりはうまかった。

安倍さんは誰かの台本通りしゃべっているだけだから、
失言も少ない代わり、面白みもない。

なにしろアドリブがきかないから、
質問と答えが噛み合わないこともしばしばだ。

総理大臣に適任かという以前に、
まず政治家としての適性があるかどうか調べてもらった方がいい。

|

« 「安倍降ろし」ができない! | トップページ | 国政調査権の脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/15991634

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオテープでもう一度:

« 「安倍降ろし」ができない! | トップページ | 国政調査権の脅威 »