« 銭湯は楽しい! | トップページ | 鮎川信夫・大岡信・北川冬彦「戦後代表詩選」思潮社 »

2007.08.31

「あさりちゃん」は何処に?

地下鉄半蔵門線神保町駅ホームの大手町寄りベンチに、
通勤時、いつも数人の男たちがたむろしている。「あさりちゃん」だ。

車内の網棚やホームのごみ箱の雑誌を漁るから、
通称「あさりちゃん」と呼ばれる。

バブル期には両手の大きな紙袋いっぱいに雑誌をつめて闊歩していたが、いまはわきの下に数冊挟んでいる程度だ。

これでは商売になるまい。
だから最近は彼らを車内で見かけることも少なくなった。

わが身を振り返っても、ひところ
週5冊、月にして20冊以上、週刊誌を購入していた。

週刊現代、週刊文春、漫画アクション、ビッグコミックオリジナル、週刊漫画、ときにアサヒ芸能、週刊大衆が加わることもある。

さらに朝はサンケイスポーツ、
夕方は日刊ゲンダイをほぼ毎日購入していた。

新聞・雑誌に、月1万円~1万5千円も消費していたことになる。
いまは、たまに日刊ゲンダイを買うぐらいで、月1500円ぐらいか。

他の人も同様らしく、
車内で週刊誌を読んでいる姿をほとんど見かけなくなった。

これでは版元やキヨスクは大幅な売り上げ減だろうし、
末端の「あさりちゃん」も商売にならない。

「成長を実感に!」というキャッチフレーズが、
上滑りしてしまったのもむべなるかな、ということになる。


|

« 銭湯は楽しい! | トップページ | 鮎川信夫・大岡信・北川冬彦「戦後代表詩選」思潮社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/16293712

この記事へのトラックバック一覧です: 「あさりちゃん」は何処に?:

« 銭湯は楽しい! | トップページ | 鮎川信夫・大岡信・北川冬彦「戦後代表詩選」思潮社 »