« I'm Feeling Lucky | トップページ | おひとりさまの老後 »

2007.09.10

「ネットカフェ難民」の近未来

厚労省発表の「ネットカフェ難民」約5400人という数字を、
多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれるところだろう。

おそらく、24時間営業のファストフードで夜を明かす、
いわゆる「マック難民」も含めると1万人をくだらないのではないか。

身近なところでも、友人・知人宅を転々として、
引っ越しを繰り返している難民予備軍を何人か見聞きしている。

彼らは日々の生活費は何とかやりくりできても、
アパートの更新料などの臨時支出には対応できない。

国民健康保険は何とか支払っても、
年金や介護保険までは手が回らないに違いない。

気になるのは、20代、30代だけでなく、
50代が23.1%も占めていることだ。

10年、15年先の彼らの生活が、
いまより向上している可能性はほとんどない。

年金も介護保険もない60代はかなり厳しい。
そのとき、行政はどんな対応をするのだろう。

|

« I'm Feeling Lucky | トップページ | おひとりさまの老後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/16404713

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネットカフェ難民」の近未来:

« I'm Feeling Lucky | トップページ | おひとりさまの老後 »