« さらば銭湯 | トップページ | 初台倫理委員会 »

2007.10.24

植島啓司「偶然のチカラ」集英社新書

宗教人類学者の書いた本ということで、
ある程度期待して読んだが、結果はペケ。

占い、確率、宗教と、話にとりとめがなく、
最後は「すべてはなるようになる」ではなあ・・・

どうも話にとりとめがないと思っていたら、あとがきに
「朝日カルチャセンターの講義をまとめた」とある。

最近、やたら新書が増えたけれど、
軽いというか、内容が薄いものが多くなった気がする。

「すべてはなるようになる」というと一見肯定的だが、
裏を返せば「すべてはなるようにしかならない」ということか。

|

« さらば銭湯 | トップページ | 初台倫理委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/16859249

この記事へのトラックバック一覧です: 植島啓司「偶然のチカラ」集英社新書:

« さらば銭湯 | トップページ | 初台倫理委員会 »