« たむらまさき・青山真治「酔眼のまち―ゴールデン街 1968年~1998年」朝日新書 | トップページ | 5年という歳月 »

2007.12.12

「定年うつ病」というのがあるらしい

来年3月、定年を迎える。
その日が近づくにつれて、なんとなく落ち着かなくなる。

とかく、定年前後には精神的に不安定になり、
悪くすると「定年うつ病」になる可能性もあるらしい。

自分では、こういうものとは無縁だと思い込んでいたが、
最近、なんとなく疲れやすいし、集中力が低下している。

一般的に、うつ病になると、こんな症状が現れるという。

 気分が落ち込む。
 自信がなくなる。
 集中力や判断力、思考力が低下する。 
 悲観的で自責的な考え方になる。 
 気力がなくなる。
 会社に行くのがおっくうになる。
 仕事がいやになる。
 楽しいと感じることがなくなり、興味が起きない。 
 イライラする。 
 怒りっぽい。
 今したことをすぐ忘れる。

う~ん、いくつかあてはまるような気がするな。
先週「退職者説明会」を受けてから、特に顕著だ。

まあ、この状態を吹き飛ばすには、
飲んで、飲んで、飲みまくるしかないか・・・

要するに、愚痴を聞いてくれる人がほしいんだよね。
早速、年末のタイトな日程に、新たに2件の飲み会を入れた。

|

« たむらまさき・青山真治「酔眼のまち―ゴールデン街 1968年~1998年」朝日新書 | トップページ | 5年という歳月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/17348465

この記事へのトラックバック一覧です: 「定年うつ病」というのがあるらしい:

« たむらまさき・青山真治「酔眼のまち―ゴールデン街 1968年~1998年」朝日新書 | トップページ | 5年という歳月 »