« 5年という歳月 | トップページ | 競馬場で会おう! »

2007.12.14

スティーヴン・キング「第四解剖室」新潮文庫 

格別スティーヴン・キングが好きというわけではない。
たまたま題名に惹かれて手に取っただけだ。

本書には、ホラー、サスペンス、ファンタジーと、
幅広いジャンルにわたる作品が納められている。

表題作「第四解剖室」のほか、
「黒いスーツの男」
「愛するものはぜんぶさらいとられる」
「ジャック・ハミルトンの死」
「死の部屋にて」
「エルーリアの修道女」の全6篇。

なかでは、銃撃戦で撃たれ死にそうな仲間を連れて逃げ回る
ギャング3人組の話「ジャック・ハミルトンの死」が秀逸。

集中力が低下しているときには、
こういう短編集はおあつらえ向きだ。

|

« 5年という歳月 | トップページ | 競馬場で会おう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/17364952

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・キング「第四解剖室」新潮文庫 :

« 5年という歳月 | トップページ | 競馬場で会おう! »