« 人と人との出会いとは・・・ | トップページ | 直木賞の気まぐれ »

2008.01.22

梶山季之「族譜・李朝残影」岩波現代文庫

僕たちは戦争中、何が起きていたのかを、ほとんど知らない。
ましてや、朝鮮半島で何が起きていたかを・・・

朝鮮半島は、1910年8月の日韓併合条約から、
1945年9月のポツダム宣言まで、35年間も日本の統治が続いた。

35年間というのは想像以上に長い。
その間、おそらくいろいろなことがあったに違いない。

「族譜」は1940年の創氏改名を、
「李朝残影」は1919年の提岩里事件を取り上げた秀作だ。

これらの小説は、いずれも反戦小説である。
静かではあるが、戦争反対の強烈な意思が感じられる。

同時に、当時の軍人や役人の悪辣さも・・・
それは昔も今もまったく変わっていない。

|

« 人と人との出会いとは・・・ | トップページ | 直木賞の気まぐれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/17783019

この記事へのトラックバック一覧です: 梶山季之「族譜・李朝残影」岩波現代文庫:

« 人と人との出会いとは・・・ | トップページ | 直木賞の気まぐれ »