« 雑学倶楽部の新年会 | トップページ | 中国製の功罪 »

2008.01.10

草思社の民事再生法申請に寄せて

もうずいぶん前から出版不況が言われてきた。
そうして、このたび草思社が民事再生法を申請した。

草思社という社名を初めて知ったのは、
1984年、吉永みち子の「気がつけば騎手の女房」を購入したとき。

2001年には、雑学倶楽部として
「声に出して読みたい日本語」に雑学出版賞を贈っている。

こうした良心的な出版社には、
一日も早く、元気に再生してほしいと願うばかりだ。

|

« 雑学倶楽部の新年会 | トップページ | 中国製の功罪 »

コメント

ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」「文明崩壊」もこの出版社だった。示唆さる事の多い本だった。

投稿: FLOG | 2008.01.10 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/17640389

この記事へのトラックバック一覧です: 草思社の民事再生法申請に寄せて:

« 雑学倶楽部の新年会 | トップページ | 中国製の功罪 »