« 西原理恵子さんに萌え~ | トップページ | 転職と死亡率について »

2008.02.18

しゃれこうべ句会「六義園吟行」

全体の結果は、しゃれこうべ「マスターの日報」に詳しい。
ここでは、自分のことだけ書きます。

千駄木から六義園は、距離は近いのに交通は不便だ。
散歩がてら歩こうかと思ったが、結局タクシーで。

1.まずは子供のころを思い出し・・・
 遠き日に ドングリ拾いし 六義園

2.入り口付近で、なぜか少年合唱団のコンサートが・・・
 春近し 子らの歌声 響きたり

3.振り向くと「牡丹展」のコーナーが・・・
 牡丹展 紅(くれない)の花に 心ときめく

4.しばらく行くと枯芝の上に残雪が・・・
 春遠く 日陰に残る 雪白く

ん? さっき「春近し」って詠まなかったっけ?
こりゃ、両方は出せないな、うん。

5.日本庭園らしく、そこここに飛び石が・・・
 飛び石に 子供心を 取り戻し

6.なにか食べ物を持ってくればよかったな・・・
 六義園 バレンタインの チョコ持ちて

ここまで、わずか15分足らずに6句を詠む。
正直言って、粗製乱造です。推敲しろよっ!てか?

7.う~む、せっかくだから梅の花も詠んでおくか・・・
 春遠く 寒空(さむぞら)の下に 梅開く
 梅の花 ポカポカ陽気に 誘われて

ん?これも季節感おかしくね?
いや、日向は暖かく、日陰は寒いんですって・・・

最終的に、2,3,6番を提出したけれど、
みなさんの評価は低かったです。

もう少し制作態度を改めなければいかんな。反省、反省。
人の句を解説するのはうまいんだけどなあ~

|

« 西原理恵子さんに萌え~ | トップページ | 転職と死亡率について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/40167307

この記事へのトラックバック一覧です: しゃれこうべ句会「六義園吟行」:

« 西原理恵子さんに萌え~ | トップページ | 転職と死亡率について »