« しゃれこうべ句会「六義園吟行」 | トップページ | 友人の一時帰国 »

2008.02.20

転職と死亡率について

喫煙と死亡率の関連データはいやというほど見かけるけど、
転職と死亡率の関連データはあまり見かけない。

終身雇用が当たり前の時代が長かったから、
サンプルも少ないし、だれも調べようとしないんだろうね。

なぜこんなことを書いているかというと、
つい最近、知人の訃報を聞いたからだ。

その知人は最初に入社した会社の同僚だった。
この会社は離職者が多く、私自身も8年で退職した。

その後、OBのだれそれが死んだという話を何度も聞いた。
把握しているだけでも7,8人はいる。

この数字は、異様に高くないか?
転職と早死にとの間に何か関連があるのではないか。

例えばストレス。経験から言って、
新しい会社になじむにはそれなりにストレスがかかる。

それが寿命を縮めていないだろうか?
あくまでも仮説だけど・・・

現在は終身雇用制度が崩れて、
転職、出向、派遣などが当たり前になっている。

いまの会社も出向者や中途入社の人が多い。
そして、うつ病や脳梗塞などで休職している人も少なくない。

転職と早死にの間には絶対関連があると思う。
ま、私自身は4回も転職しているが、いたって元気だけど・・・

|

« しゃれこうべ句会「六義園吟行」 | トップページ | 友人の一時帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/40192658

この記事へのトラックバック一覧です: 転職と死亡率について:

« しゃれこうべ句会「六義園吟行」 | トップページ | 友人の一時帰国 »