« 休肝日遥かなり | トップページ | QRコードでケータイへ »

2008.02.08

アメリカの現実

民主党といっても、もちろんアメリカの話だけれど、
今回は組み合わせがよくなかったよね。

女性初の大統領か、黒人初の大統領か、
どちらか一方なら良かったのに。

双方が激突というのは、どちらが勝っても
お互いに禍根を残すことになるだろう。

僕が有権者なら、もちろんオバマに投票するけれど、
そして米国民の大半がオバマに投票するのだろうけれど・・・

大衆はともかく、軍需産業優先の黒幕たちが
果たしてオバマを受け入れるだろうか?

例えば、「オバマ 暗殺」で検索すると、
まだ当選もしていないのに、たくさんの検索結果が出てくる。

ある黒人の有権者は、オバマが好きだから今回は投票しない。
それがオバマの命を救うことになるのだから、と語っている。

それがアメリカの現実なのかもしれない。

|

« 休肝日遥かなり | トップページ | QRコードでケータイへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/40041175

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの現実:

« 休肝日遥かなり | トップページ | QRコードでケータイへ »