« コンブでゆでる | トップページ | ネット犯罪の行く末 »

2008.04.30

西原理恵子「ぼくんち」小学館

神保町を離れてから、
本屋に立ち寄る回数が減った。

購入する本も、ブックオフで買う
半身浴用の100円本「名探偵コナン」ばかりだ。

久しぶりに不忍通りの書店に立ち寄り、
目についた本を何冊か購入した。

桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」、帚木蓬生「閉鎖病棟」と
西原理恵子「ぼくんち 」の3冊だ。

「ぼくんち」は前から読みたかったのだが、
1冊1000円で全3巻は、「しゃれこうべ」のボトルに匹敵する。

今回購入したのは3巻分を一冊にまとめた普及版。
モノクロで判型も小さいけれど524円はお買い得だ。

読み始めたら止まらなくなって、
全114話を一気に読んだ。

泣いた。
不覚にも何度も泣いた。

そうして、普及版を購入したことを後悔した。
今度、必ずカラーの全3巻を買い直そう。

無人島に持って行く本は、この本に決めた。

|

« コンブでゆでる | トップページ | ネット犯罪の行く末 »

コメント

たしかに字が小さくて読めないとこがあるんだよね。
最後は虫眼鏡を持ち出した。

投稿: 健 | 2008.04.30 10:21

私も3巻本かって泣きました・・字が小さくて読めないっcrying

投稿: FLOG | 2008.04.30 05:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/41039210

この記事へのトラックバック一覧です: 西原理恵子「ぼくんち」小学館:

« コンブでゆでる | トップページ | ネット犯罪の行く末 »