« 後世に残したい昭和の遊び | トップページ | 帚木蓬生「閉鎖病棟」新潮文庫 »

2008.05.11

赤坂発→神保町経由→下北沢

金曜日の午前中、知人からメールが入った。
「下北沢のスナックでバイトを始めた」という。

おいおい、あんたデザイナーだろ!
思わずそんなツッコミを入れたくなる。

典型的なワーキングプアで、派遣の仕事がないときは、
水商売関係のバイトをしていることが多い。

地方から出てきて、家賃もあるし、
結構大変なんだろうなとは思うが、そろそろ30半ばだし。

金曜の夜は神保町の「しゃれこうべ」がほぼ定番化。
その日は同僚のY君も一緒だ。

10時過ぎに抜け出して下北沢に顔を出そう、と思っていたが、
将棋など指しているうちに、気がつけば12時を回っていた。

急いで半蔵門線のホームに駆け込むと、
飲み会帰りの前の会社の同僚たちとバッタリ。

そのうちの一人が渋谷で別れるまで、
社内のどろどろした人間関係をグチる。

そうか、やっぱり
前の会社に残らないで正解だったんだ。

渋谷からタクシーを飛ばして下北沢へ。
朝までやっているとはいうが、午前3時には店を出た。

こんな生活も、たいがいにしなくちゃな。
もう20代じゃないんだから・・・

|

« 後世に残したい昭和の遊び | トップページ | 帚木蓬生「閉鎖病棟」新潮文庫 »

コメント

すんまへん。
読んでると思わなかったので、
いい加減なことを書きました。

でも、半分はホントでしょ・・・

投稿: 健 | 2008.05.12 11:58

スナックって!
そんな危険な薫りの店じゃないでしょ!
仕事がない時は水商売って(笑)!
そんな悪風女じゃないでしょ!
汗水流して働く水商売じゃないですか!

時々会社でロボットみたいに働くより
人と人間らしく接したくなるだけですよ。

また来て下さいね。
まあそろそろロボットに戻りますけど。

投稿: デザイナー? | 2008.05.12 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/41170002

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂発→神保町経由→下北沢:

« 後世に残したい昭和の遊び | トップページ | 帚木蓬生「閉鎖病棟」新潮文庫 »