« 赤坂発→神保町経由→下北沢 | トップページ | まだまだ青いね・・・ »

2008.05.11

帚木蓬生「閉鎖病棟」新潮文庫

この作家の本を読むのは初めてだ。
読み始めて、なんだこれというのが第一印象。

精神科病棟の日常が、淡々と描かれているのだが、
読み進めていくと、どんどん引き込まれていく。

確かに殺人事件も起こるけれど、
ミステリアスでもなんでもなく、起こるべくして起こる事件だ。

人に対する思いやり、人と人との濃密な繋がり、
現代社会に失われつつあるものが、そこにはある。

精神科病棟の人々の営みが、
外の世界よりまっとうであることに感動する。

最後のシーンは、お約束なのかもしれないけれど、
やっぱり泣いてしまった。

・帚木蓬生「閉鎖病棟」 (新潮文庫)

|

« 赤坂発→神保町経由→下北沢 | トップページ | まだまだ青いね・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/41170164

この記事へのトラックバック一覧です: 帚木蓬生「閉鎖病棟」新潮文庫:

« 赤坂発→神保町経由→下北沢 | トップページ | まだまだ青いね・・・ »