« もの悲しい光景 | トップページ | 手羽先のコーラ煮 »

2008.05.13

「大学への数学」生みの親の死

高3の受験時代、暗記物の勉強が苦手だった。
文科系のくせに、数学を解いている時だけ、心が和んだ。

当時、難問掲載で知られる受験雑誌
「大学への数学」を結構、購入した記憶がある。

同じ解き方でも、学校では教えないような、
ユニークな、あるいはスマートな解法が魅力だった。

先日、同誌の生みの親、黒木正憲氏が
5月4日に86歳で死去したというニュースを読んだ。

苦しかったけれど、ある意味楽しくもあった受験時代を、
浪人仲間の顔とともに、一瞬だけ思い浮かべた。

同誌は一昨年、50周年を迎えたというが、
原点は、机が2つしかない日本橋の貸しオフィスだったという。
                                 合掌

|

« もの悲しい光景 | トップページ | 手羽先のコーラ煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40197/41191809

この記事へのトラックバック一覧です: 「大学への数学」生みの親の死:

« もの悲しい光景 | トップページ | 手羽先のコーラ煮 »