« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

ブログ読者の属性

戯れに、過去1カ月のアクセス解析を調べてみた。
一日平均でみるとアクセス数139件、訪問者数73人である。

当初の読者は、高校時代の同期数人に過ぎなかった。
主な読者はほかに雑学関係者、会社の元同僚などになる。

最近多数派になりつつあるのが「しゃれこうべ」の常連さん。
マスターの音さんが自分の日記にリンクを張ってくれたからだ。

店に顔を出すといろいろな人から
「ブログ読んでますよ」という声がかかる。

先日も退職の日に顔を出したら、
「ニャゴさん、今日が最後だって」と声がかかった。

なんだか不思議な感じがするし、ちょっと緊張もする。
「しゃれこうべ」寄りの内容が多くなったのもそのためだ。

お礼の意味を込めて、こちらからも
「マスターの日報」にリンクを張らせていただいた。

ここ1週間の傾向を見るとケータイからのアクセスが、
一日平均で20件もあるのでびっくりした。

これはQRコード効果なんだろうけれど、
ほとんどが「100字雑学」の読者だ。

そうなると「100字雑学」の更新もしなければ、となる。
今回、プレッシャーに負けて約1年ぶりに更新した。

これからは、「Always」でも、
「昭和の子どもの遊び」を書いていけたらと思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

気分は3勝惨敗・・・

暇になるとブログの更新も増えるかと思っていたら、
実際には、むしろ逆の方向に向かっている。

事務所では四六時中パソコンに向かっているけれど、
自宅ではめったにパソコンを開かないからだ。

最近ではメールもケータイが主流になりつつある。
ブログのためだけにパソコンを立ち上げるのは億劫だ。

今日は、ホームページの更新もあって、
久しぶりにパソコンを立ち上げた。

先週の土曜は二つのイベントが重なった。
ひとつは娘とのデート、ひとつはMさん、K子さん宅訪問だ。

先月は忙しかったこともあって、
娘と会うのは2カ月ぶりになる。

某歯科大に通っていて現在5年生。
実習という名の無報酬労働で結構忙しいらしい。

卒業まで、あと1年半。国家試験に通ったら、
その後1年間は、さらに研修なるものがあるという。

おいおい、あんた2浪だから、
社会に出るころには28歳になってしまうぞ。

こりゃ、なかなか嫁に行きそうもないな、と
妙に安心する(もちろん、心配でもあるのだが・・)。

4時半に自宅に戻り、マッコリとビールを購入する。
メインは将棋だけど、マッコリのビール割りの普及も一大案件だ。

まずはMさんに1勝、次にK子さんに1勝。軽いね。
ところが、2回戦はMさんに負け、K子さんに負けた。

決着をつけるための3回戦では、
なんとかMさんに辛勝したものの、K子さんには連敗した。

トータル3勝3敗だけど、気分は3勝惨敗というところか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.25

フロアライトを購入

火曜日、本日はいろいろあるんだけど、
いつものパターンで失礼する。

午後5時半をまわったころケータイのメールが鳴った。
「今日飲みませんか?」というメールだ。

前の前の会社の同僚からだった。
わかりやすく言えば、3月に定年になった会社の同僚だ。

誘われたら断らないのがモットーだからOKを出した。
ホントはちょっと予定があったんだけどね・・・

本日は、朝、定時に起きた。
定時に出かけて、新宿の東急ハンズに向かった。

以前から欲しかったフロアライトを購入するためだ。
ついでに、高島屋のデパ地下で生姜のみそ漬けを買った。

「しゃれこうべ」の音さんとの約束を果たすためだ。
本日はみそ漬け持って「しゃれこうべ」に行く予定だった。

だけど、7時から神保町の焼き肉屋でM君とAさんと飲んだ。
マッコリのビール割りが結構受けた。

う〜ん、説明するのが面倒くさくなってきた・・・
みそ漬けは7時に届いたし、最後は「しゃれこうべ」で飲んだ。

そんでもって、フロアライトなんだけど、結構いいです。
なんだか違う部屋にいるみたい。酔ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.23

これは休暇ではない

いつもなら出勤している時間にまだ寝ている。
いつもなら仕事をしている時間にぼんやりとテレビを観ている。

これは休暇ではない。
休暇は、何日かすれば元に戻ってしまう。

これからは、こんな状態が
しばらくは続くのだ。

事務所にいれば、やらなければならないことを淡々とこなす。
ふと気がつくと、昼食時間が3時過ぎていたりする。

家にいてもやらなければならないことはたくさんある。
だけど、なんだか後回しになってしまう。

この、いつもと違う時の流れに、ちょっととまどっている。
きっと、慣れるしかないんだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.06.21

続・U君の憂鬱

U君から電話があった。
元気そうなので安心する。

今日飲まないかという電話だ。
今日は退職の日なので同僚と飲む、と断った。

今月いっぱい休職するという。
ふと、昔のエピソードを思い出した。

転職のとき半年間、間が空いた。
U君は、母親を心配させまいと、毎日定時に家を出た。

今回はどうしてるの、と聞いた。
やっぱり定時に家を出ているという。

おかげで美術展とか詳しくなったよ、と笑う。
人のことは笑えない。僕にも同じような経験があるからだ。

U君、母親は大事にした方がいいよ。

僕は、5年前母が死んだとき大泣きした。
本当に、泣き疲れて眠るまで泣いた。

晩年、耳が遠くなって、鬱陶しくなったとき、
邪険にしたことを今でも後悔している。

だけど、悔やんでも遅いんだよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.20

名刺がない!

シニア向けサイトを運営していたとき、
「定年になると名刺がないのが困る」という話を聞いた。

実際、ちょっと申し訳なさそうに、
「定年で名刺がありません」というセリフを何度か耳にした。

そんなとき、名刺なんて勝手に作ればいいのに、
何を悩んでいるんだろう、と思った記憶がある。

本好きな人は「文芸評論家」、映画好きは「映画評論家」、
音楽好きは「音楽評論家」、カメラ好きは「カメラマン」。

肩書きなんてなんだっていい。
パソコンでサクッと作ってしまえばいいのである。

今度は自分の番が回ってきた。
20日で退職してしまうと土曜日以降は「名刺がない!」ってか?

昨日、まだちょっと早いけれど、
フラインングで名刺を作った。

肩書きは何にしよう・・・若いころは
「青年失業家」を自称していたけれど、今はそうもいかない。

「アルコール評論家」でもいいし、
ちょっとまじめに「雑学倶楽部」運営委員でもいい。

どうせなら自分のサイトの宣伝をしようと、
最終的に「ブック・ナビ」主宰という肩書きに落ち着いた。

社内で「ちょっと早いけど」と配ったら受けた。
行きつけの「しゃれこうべ」でも数枚配った。

別に、名刺に頼る必要もないけれど、
無いことがストレスなら適当に作ればいいんじゃないか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.18

いつかキラキラする日

自宅から駅までのわずかな時間に、
白い杖をつきながら出勤する青年と毎朝すれ違った。

会うたびに、彼が頑張っているんだから、
自分も頑張らなければ、と元気をもらったものだ。

今の会社を20日で退職してしまえば、
もう彼と出会う機会もほとんどなくなるだろう。

ここ3ヵ月は、年の割にはギラギラする日が続いたので、
しばらくは落ち着いた生活に戻りたい。

白い杖の青年のイメージを忘れずに、
いつかキラキラする日々が送れたらいいな、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.17

携帯メールは2度ベルを鳴らす

月曜の5時過ぎ、ケータイのメールが鳴った。
「久しぶりに飲みませんか?」という内容だった。

そんなに都合よくメールが来るのか?
来るんですね、これが。

前の会社で画像処理の仕事をしていた
派遣社員のKさんからだった。

あんたは久しぶりかも知れないけど、
俺は毎日飲んでんだよっ!とは言えない。

明治神宮前のこじゃれた和食屋で
Kさんの友人Mさんと3人で飲んだ。

いつになく説教酒になってしまった。
Mさんもそれに加担した。

なんだかKさんには悪かったけれど、
派遣慣れしたKさんの態度が妙に気になった。

無責任にガンバレとは言えない。だけど、そこから
抜け出すには相当なエネルギーが必要なことは確かだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・開成番長の勉強術

どうせ宣伝だとネタばれしているんだから、
もう一度宣伝してしまおう。

出版にともない、裏でメールが飛び交い、
仲間たちのブログが盛り上がっている。

周囲から、この著者が
いかに愛されているかがよく分かる。

本の内容もさることながら、
そういう著者の人柄って大事だよね。

ただ「開成番長の~」というネーミングってどうよ?
「開成落ちこぼれの勉強術」の方がよかったんじゃないか。

そのほうが売れるような気がする。
そんなわけないか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.16

繁田和貴「開成番長の勉強術」白夜書房

初台倫理委員会というおバカな飲み会がある。
その会のマドンナY姐さんからメールが入った。

ある本を私が運営するHP「ブック・ナビ」で
宣伝して欲しいという依頼だ。

元来、この手の本は好きではないが、
Y姐さんの依頼とあれば仕方がない。

というか、この著者の父親というのが、
40年来の友人H君(当然、繁田君ですが)なんですね。

今でも毎月第二金曜日に飲み会をやっています。
今年3月の経堂での飲み会では、著者ご本人にも会っています。

最近は「しゃれこうべ」優先なので、
あんまり行ってないけど・・・

まあ、僕らが通っていたころの開成は、
たいした学校じゃなかったですね。

卒業してから、都立高の学校群制度などがあって、
たいした学校になってしまったらしい。

同期の卒業生は350人居たけれど、
自分の母校に息子を送り込めたのほんの数えるほどだ。

繁田君はその内の数少ない一人というわけです。
負け惜しみを言えば、私は一人娘だったからなあ。

というわけで、この本は、勉強が好きな人も、嫌いな人も、
そして将来息子を開成に入学させたい人も、
そうでない人も、ぜひ購入してあげてね。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

マッコリのビール割り

部屋の模様替えをしつつテレビを聞き流していたら、
「マッコリのビール割り」という単語が飛び込んできた。

ムムッ、なんだそれは?
これは聞き捨てならないぞ。

さっそくネットで検索してみると、
皆さん結構楽しんでいらっしゃるようだ。

実を言うと、土曜日にサッカーをテレビ観戦しながら、
一升瓶をほぼ空けてしまった。

本日は休肝日の予定だったけれど、
「マッコリのビール割り」をぜひ試してみたい。

結局、肉じゃがなど作りつつ、
近所の「カクヤス」にマッコリとビールを買いに走る。

「マッコリのビール割り」、これはヤバイです。
結構、はまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.11

たばこ1箱千円の笑止

たばこを1箱千円にすれば9兆5千億円の税収増。
仮に消費量が3分の1に減っても3兆円超の税収増。

千円になれば禁煙する人が増えるので、
健康被害が減って国民医療費も抑えられる。

これが値上げ派の言い分であるらしい。
だけど、世の中にいいことずくめなんてありえない。

例えば、携帯やインターネットの出現で世の中便利になったが、
一方で、新たな犯罪や弊害が続出している。

新たなことを検討するときは、プラス面だけでなく、
必ずマイナス面も押さえておかなければならない。

考えられることは、まず値上げ直前の大量買い占め。
たばこ畑からたばこの葉が盗まれる事件も頻発するだろう。

当然「闇たばこ」が跋扈する。
周辺諸国からの密輸も活発化するにちがいない。

原価は安いわけだから、
1箱500~600円で売ってももうけは大きい。

“正規”のたばこを購入する人は減るから、
税収は思うように伸びず、逆に犯罪対策の出費が増える。

もちろん、国民医療費も抑えられない。
むしろ、劣悪なたばこの喫煙増加で医療費は増える。

世の中って、そんなもんでしょう。
笑うのは闇社会の人たちだけかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.07

飲んで、飲んで、飲み疲れて・・・

水曜日、事務所近くの立ち飲み屋で、
同僚のY君、Mさんと小一時間飲む。

木曜日、同僚のY君と近くのもつ鍋屋で飲む。
金曜日、神保町「しゃれこうべ」で飲む。

土曜日、高校時代の仲間10数人と市川で飲む予定。
日曜日、雑学倶楽部有志と学芸大学でバーベキュー。

僕は、誘われたら基本的には断らない。
だから、お誘いが多い。

人生は飲みでしょ。
そうして、たまに本を読んだりすればいい・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.06

たまには充電もしなくちゃね

正直言って、充電する時間がない。
先々週の日曜日、近所の古本屋で数冊本を買った。

半村 良 晴れた空〈上〉 晴れた空〈中〉 晴れた空〈下〉 (集英社文庫)全3巻

森 達也 悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷 (岩波新書 新赤版 (982))

岡崎京子 私は貴兄(あなた)のオモチャなの (フィールコミックスGOLD)

2週間たっても読む時間がない。
なんとか三分の一ほど読んだのが「悪役レスラー」。

僕らプロレス世代にとっては、
この本は面白いです。

当時、謎の多かったグレート東郷について鋭く迫るだけでなく、
懐かしいレスラーの名前もたくさん出てきます。

著者が一世代若いせいか、オルテガや、プリモ・カルネラや、
ユル・ブリンナーや、ボボ・ブラジルなんかは出てこない。

だけど、この本が岩波新書から出ているところが、
ちょっと不思議な感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.04

早く遊びたいよ~

ハッと目覚めたら西日暮里であった。
一駅乗り過ごしてしまった・・・

やっぱり疲れているんだな、と思う。
単行本の入稿締め切りを前に、連日午前様だ。

最近、電車に乗ると空席を探すようになった。
以前にはなかったことだ。年齢もあるのかもしれない。

すでに6月退社は決まっているのだけれど、
担当中の仕事を投げ出すわけにもいかない。

いまは退社後のイメージを膨らませながら、
なんとか現状を乗り切ろうとしている状態だ。

あ~、早く遊びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »